柏原市立歴史資料館 企画展

2021年9月2日

令和3年度 秋季企画展
つけかえ反対!-大和川つけかえに反対した人たち-

企画展ポスター

展示パンフレット

開催期間

2021年9月14日(火)~12月5日(日)

※新型コロナウイルス感染症の状況により、中止または延期する場合があります。

館内では、マスクの着用手指の消毒対人距離の確保をお願いいするとともに、大阪コロナ追跡システム、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のご利用もお願いいたします。

概要

 柏原を起点に行われた大和川つけかえ工事は、宝永元年(1704)2月に始まり、10月に終わりました。何度も洪水を起こしていた大和川をつけかえて欲しいと願う人々にとっては、ようやく実現した念願の工事でしたが、川の流れが変わることで困る人々も大勢いました。

 今回の展示では、そうしたつけかえに反対していた人たちから見た大和川つけかえについて考えてみたいと思います。

主な展示資料

  • 新大和川堀割由来書上帳(長谷川正禮氏所蔵)
  • 若林村絵図(松原市所蔵)
  • 川違迷惑之御訴訟・船橋村絵図(松永白洲記念館所蔵)
  • 中家文書(市指定文化財、当館所蔵)ほか

次回企画展

ちょっと昔の道具たち』(2022年1月4日~3月6日)です。お楽しみに!

これまでの企画展はこちら

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431