割竹形石棺蓋

2014年8月29日 (文化財課)

名称(ふりがな)

割竹形石棺蓋(わりたけがたせっかんふた)

 

員数

1個

 

時代

古墳時代

 

種別(指定番号)

重要文化財 考古資料(456)

 

指定年月日

平成2年6月29日

 

所有者

安福寺

 

所在地

柏原市玉手町7 (安福寺)

 

解説

 安福寺の境内に手水鉢として置かれていました。文字通り竹を割ったような形で、長さが約260cm、幅が80~90cm、蓋の縁に沿って幅11cmの帯 状に直弧文(ちょっこもん)の文様が刻まれています。発掘の記録は残っていませんが、安福寺の北側にある勝負山(かちまけやま)古墳とも呼ばれた玉手山3 号墳から出土し、移されたと伝えられています。石材は讃岐(香川県)の鷲ノ山(わしのやま)産の凝灰岩を使用したもので、同様の形態の石棺は大半が四国の 前期古墳から出土しています。

割竹形石棺蓋

割竹形石棺蓋

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431