歯車形碧玉製品

2014年8月29日 (文化財課)

名称(ふりがな)

歯車形碧玉製品(はぐるまがたへきぎょくせいひん)

 

員数

1個

 

時代

古墳時代

 

種別(指定番号)

重要文化財 考古資料(132)

 

指定年月日

昭和29年3月20日

 

所有者

藤田美術館

 

所在地

大阪市都島区(藤田美術館)

 

解説

 松岳山古墳の 東側は現在では宅地化されていますが、昭和35年以前には数基の古墳が遺されていました。その内の一つヌク谷東ノ大塚古墳からこの歯車形碧玉製品は明治 10年に発掘されました。円盤形で中央に径6cmの孔があり、外周には11個の歯車状の突起が右回りに付いています(上の図は、裏焼きの写真をスケッチし たためか、歯車の向きが逆になっています)。最大径は約22cm、厚みは中央部で約2cm、歯形の先端で0.6cmです。古墳から出土する碧玉製の副葬品 には勾玉や管玉、車輪石・鍬形石・石釧などが知られていますが、この歯車形碧玉製品は形、大きさなど他に類を見ない品です。

歯車形碧玉製品

歯車形碧玉製品のスケッチ
(神田孝平1887「雑記」『東京人類学会報告』
第14号より転載) 

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431