○特別職の職員の給料月額の特例に関する条例

平成29年6月30日

条例第22号

(副市長及び教育長の給料月額の特例)

第1条 平成29年3月11日において市長の職にあった者が、その職にある間(同日を含む任期中に限る。)、副市長及び教育長の給料月額は、特別職の職員の給与に関する条例(昭和31年柏原市条例第18号)第2条の規定にかかわらず、同条例別表に定める給料月額からそれぞれその100分の20に相当する額を減じた額とする。ただし、手当の額の算出の基礎となる給料月額については、同表に定める額とする。

(病院事業管理者の給料月額の特例)

第2条 平成29年3月11日において市長の職にあった者が、その職にある間(同日を含む任期中に限る。)、病院事業管理者の給料月額は、病院事業管理者の給料、手当及び旅費に関する条例(平成22年柏原市条例第7号)第2条の規定にかかわらず、同条に定める給料月額からその100分の20に相当する額を減じた額とする。ただし、手当の額の算出の基礎となる給料月額については、同条に定める額とする。

附 則

この条例は、平成29年7月1日から施行する。

特別職の職員の給料月額の特例に関する条例

平成29年6月30日 条例第22号

(平成29年7月1日施行)

体系情報
第5編 与/第2章
沿革情報
平成29年6月30日 条例第22号