○嘱託員等の報酬及び費用弁償に関する条例

平成24年3月30日

条例第7号

(趣旨)

第1条 この条例は、嘱託員等の報酬及び費用弁償について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において「嘱託員等」とは、次の各号に掲げる者をいう。

(1) 嘱託員 地方公務員法(昭和25年法律第261号。以下「法」という。)第3条第3項第3号の嘱託員として任用される者

(2) 臨時的任用職員 法第22条第5項に規定する臨時的任用により任用される者で、非常勤のもの

(報酬)

第3条 嘱託員等に支給する報酬は、月額、日額又は時間額で支給するものとし、別表の額を超えない範囲内において、当該嘱託員等の職務の複雑、困難及び責任の度に基づき規則で定める。

(報酬の加算)

第4条 あらかじめ定められた勤務時間を超えて勤務した嘱託員等には、報酬の額を加算して支給する。

(報酬の減額)

第5条 月額又は日額で報酬が支給される嘱託員が、あらかじめ定められた勤務時間に勤務しないときには、報酬の額を減額して支給する。

2 前項の規定による減額は、給与条例第16条の規定の例による。

(費用弁償)

第6条 嘱託員等には、次の各号に掲げる費用弁償を支給する。

(1) 通勤に要した費用

(2) 公務のための旅行に要した費用

2 前項第1号の費用は、給与条例第16条の2第2項の通勤手当の額の範囲内において、規則に定めるところによる。

3 第1項第2号の費用は、職員の旅費に関する条例(昭和41年柏原市条例第15号)の適用を受ける特別職の職員以外の職員の例による。

(支給の方法)

第7条 報酬の支給の方法は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に掲げる方法とする。

(1) 月額で支給される嘱託員 給与条例第11条第1項の規定の例による。

(2) 日額及び時間額で支給される嘱託員等 月の1日から末日までの期間につき、当月分の報酬の全額を翌月の18日までに支給する。

2 費用弁償の支給の方法は、規則で定める。

3 報酬及び費用弁償の支払は、嘱託員等の申出により口座振替の方法によって支払うことができる。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行について必要な事項は、市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成24年4月1日から施行する。

(非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正)

2 非常勤の職員の報酬及び費用弁償に関する条例(昭和31年柏原市条例第13号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(経過措置)

3 この条例の施行の日前に嘱託員等に支給された報酬及び費用弁償は、この条例の規定により支給された報酬及び費用弁償とみなす。

附 則(平成25.3.4条例3)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

区分

職種

報酬の上限額

嘱託員

事務職及び労務職

月額 180,000円

保育士

月額 200,000円

幼稚園教諭

月額 270,000円

図書館司書

月額 240,000円

その他の職

月額 420,000円

日額 19,000円

臨時的任用職員

事務職及び労務職

時間額 1,000円

保育士

時間額 1,600円

幼稚園教諭

時間額 1,600円

図書館司書

時間額 1,500円

その他の職

時間額 3,500円

嘱託員等の報酬及び費用弁償に関する条例

平成24年3月30日 条例第7号

(平成25年4月1日施行)