○柏原市自動車臨時運行の許可に関する規則

昭和32年7月1日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「法」という。)及び道路運送車両法施行規則(昭和26年運輸省令第74号。以下「施行規則」という。)の規定により、自動車の臨時運行の許可について必要な事項を定めるものとする。

(臨時運行許可の申請)

第2条 法第34条及び施行規則第20条の規定により、自動車の臨時運行の許可を受けようとする者は、自動車臨時運行許可申請書(様式第1号)により、次の各号に掲げる書類を添えて市長に申請しなければならない。

(1) 自動車検査証

(2) 自動車損害賠償責任保険証明書

(3) その他市長が必要と認める書類

(臨時運行の許可)

第3条 市長は、前条の申請について審査し、臨時運行の必要を認めたときは、その許可の有効期間を定め、法第35条第4項の規定により、臨時運行許可証(以下「許可証」という。)を交付し、かつ、臨時運行許可番号標(以下「番号標」という。)を貸与する。

2 許可証及び番号標の様式は、施行規則第25条に定めるところによる。

(許可証及び番号標の返納)

第4条 自動車の臨時運行の許可を受けた者は、その有効期間が満了したときは、法第35条第6項の定めるところにより、その日から5日以内に、許可証及び番号標を市長に返納しなければならない。

(番号標の実費弁償)

第5条 自動車の臨時運行の許可を受けた者が、その番号標を亡失し、又はき損したときは、自動車臨時運行許可番号標亡失(き損)届(様式第2号)により市長に届け出て、その実費を弁償しなければならない。

2 番号標を亡失したときは、前項の自動車臨時運行許可番号標亡失(き損)届に警察署長の証明書を添えて市長に届け出なければならない。

(番号標の無効公告)

第6条 市長は、前条第1項の規定による亡失の届出があったときは、直ちにその番号標が失効した旨を公告するものとする。

(許可の取消し)

第7条 偽りその他不正な手段により、臨時運行の許可を受け、又は許可証及び番号標を不正に使用したときは、直ちに許可を取り消すものとする。

(その他の事項)

第8条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行について必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、昭和32年7月1日から施行する。

附 則(昭和34.7.1規則6)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和35.12.26規則14)

この規則は、昭和36年1月1日から施行する。

附 則(昭和58.3.26規則3)

この規則は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(平成3.9.27規則17)

この規則は、平成3年10月1日から施行する。

附 則(平成12.3.31規則1)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

画像

画像

柏原市自動車臨時運行の許可に関する規則

昭和32年7月1日 規則第3号

(平成12年4月1日施行)

体系情報
第3編 組織・処務/第6章
沿革情報
昭和32年7月1日 規則第3号
昭和34年7月1日 規則第6号
昭和35年12月26日 規則第14号
昭和58年3月26日 規則第3号
平成3年9月27日 規則第17号
平成12年3月31日 規則第1号