○柏原市車両管理規程

昭和45年8月1日

規程第4号

(目的)

第1条 この規程は、市の所有する自動車等(以下「車両」という。)の運行、点検、整備その他の業務について適正な維持管理を行ない、使用に関する秩序の確立を図り、あわせて安全運転の管理に必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この規程で「車両」とは、道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「車両法」という。)第2条第2項及び第3項に定めるものをいう。

2 この規程で「車両の管理者」とは、車両主管課長(以下「管理者」という。)をいう。

3 この規程で「運行管理者」とは、車両の配属された各課(かい)の長をいう。

4 この規程で「安全運転管理者」とは、道路交通法(昭和35年法律第105号。以下「道交法」という。)第74条の2第1項に定める者をいう。

5 この規程で「整備管理者」とは、車両法第50条に定める者をいう。

6 この規程で「検査主任者」とは、車両法第85条に定める者をいう。

7 この規程で「危険物取扱主任者」とは、消防法(昭和23年法律第186号。)第13条に定める者をいう。

8 この規程で「運転者」とは、柏原市職員の職の設置に関する規則(昭和37年柏原市規則第2号)に定める職員のうち自動車運転専従員及び道交法第84条に定める運転免許を有する職員のうち管理者に自動車運転承認願(第4号様式)を提出して承認書(第9号様式)を受けた者をいう。

(安全運転管理者の選任及び解任)

第3条 安全運転管理者は、道交法施行規則第9条の3に定める有資格の職員から市長が選任する。

2 市長が安全運転管理者を選任したとき、又はこれを解任したときは、道交法第74条の2第2項に定める届け出するものとする。

(補助者)

第3条の2 補助者は、安全運転管理者の補助として、各課(かい)に配属された車両台数、又は使用度等の需要に応じて当該所属職員から市長が選任する。

(整備管理者の選任及び解任)

第4条 整備管理者は、車両法第51条に定める有資格の職員から市長が選任する。

2 市長は、整備管理者を選任したとき、又はこれを解任したときは、前項法第52条に定める届け出するものとする。

(検査主任者の選任及び解任)

第5条 検査主任者は、車両法第86条に定める有資格の職員から市長が選任する。

2 市長は、検査主任者を選任したとき、又はこれを解任したときは前項法第87条に定める届け出するものとする。

(危険物取扱主任者の選任及び解任)

第6条 危険物取扱主任者は、消防法第13条の3に定める有資格の職員から市長が選任する。

2 市長は、危険物取扱主任者を選任したとき、又はこれを解任したときは前項法第13条第2項に定める届け出するものとする。

(管理者)

第7条 管理者は車両の管理に必要な事務を行なわせるため車両主管課業務担当者(以下「業務係」という。)をおく。

2 業務係の職務は、次のとおりとする。

(1) 車両の維持管理に必要な予算に関すること。

(2) 車両の増車、廃車及び更新計画に関すること。

(3) 車両の修繕及び整備計画に関すること。

(4) 車両の部品、用品、材料等の購入及び支給に関すること。

(5) 車両の燃料、脂油等の購入及び補給に関すること。

(6) 車両に関する記録の保管に関すること。

(7) 緊急時、防災時等に対する車両の配車対策に関すること。

(8) 車両の配属に関すること。

(9) その他車両の管理に関すること。

(運行管理者)

第8条 運行管理者の職務は、次のとおりとする。

(1) 車両の運行計画及び運行の指示に関すること。

(2) 運転者の運行状況の確認等に関すること。

(3) 運転者の健康及び勤務状況をは握し、安全運転に必要な措置等を行なうこと。

(4) 配属車両の担当運転者協議決定に関すること。

(5) 配属車両の保管に関すること。

(安全運転管理者及び補助者)

第9条 安全運転管理者及び補助者の職務は、次のとおりとする。

(1) 安全運転に必要な指導監督及び教育計画に関すること。

(2) 運転者の服装及び身心の状態等常に観察し適切な措置をとること。

(3) 異常気象及び交通障害時等における必要な注意措置に関すること。

(4) 仕業、終業点検及び整備等については、常に整備管理者と連携し車両の保安に努めること。

(5) 運転者の就労及び運行記録の記載保管に関すること。

(6) 自動車使用復命書の受理に関すること。

(7) 車両に係る事故の処理に関すること。

(8) 道交法第75条第1項から第4項までの義務に関すること。

(9) その他安全運転に関すること。

(整備管理者)

第10条 整備管理者の職務は、次のとおりとする。(車両法施行規則第32条)

(1) 仕業点検の実施及び点検結果に基づく運行の可否の決定に関すること。

(2) 定期点検整備の計画実施に関すること。

(3) 随時必要な点検整備の実施に関すること。

(4) 定期点検整備記録簿、その他の点検及び整備に関する記録の記載保管に関すること。

(5) 車両の管理に関すること。

(6) 運転者、整備員その他の者を指導し、又は監督に関すること。

(7) 車両の保安基準に適合する点検及び整備に関すること。

(検査主任者)

第11条 検査主任者の職務は、次のとおりとする。

(1) 車両の整備完了後の検査に関すること。

(2) 車両の分解整備記録簿の記載及び保存に関すること。

(3) 車両の整備作業に関すること。

(4) 検査主任者等の定期研修に関すること。

(5) 車両の構造及び整備上の欠陥に基づく事故防止に関すること。

(6) 新型車両の整備方法及び新型機械器具の使用法等に関すること。

(7) 整備用機械器具の保管に関すること。

(8) 整備作業の安全管理に関すること。

(9) 整備工場の管理に関すること。

(危険物取扱主任者)

第12条 危険物取扱主任者の職務は、次のとおりとする。

(1) 燃料脂油類の取扱作業に関すること。

(2) 燃料脂油類の取扱上の保安に関すること。

(3) 特に火災予防及び消火方法に関すること。

(4) 油倉及び給油取扱所の管理に関すること。

(5) その他危険物の管理に関すること。

(車両の使用許可等)

第13条 車両を使用する者は、使用のつど自動車使用復命書(第1号様式)を使用し、必要事項を記入捺印のうえ、当該運行管理者に提出し、その承認を受けてこれを安全運転管理者に提示(以下「所定の手続」という。)しなければならない。

2 車両のうち(原動機付自転車を除く。)配属外車両を使用する場合は、使用する前日午後2時までに当該運行管理者と協議し前項による所定の手続をするものとする。

3 勤務時間外、又は休日の使用については、あらかじめ当該運行管理者に申し出て所定の手続をするものとする。ただし、緊急を要する場合の使用については、宿日直備付自動車使用日報を宿日直者に提出し、その承認を受けて使用し、使用者は翌日遅滞なく所定の手続をするものとする。

(運行等の変更)

第14条 運転者は、運行管理者又は安全運転管理者の指示に従い運行し、みだりに行先及び時間を変更し、又は担当車両を他の者に運転させてはならない。

2 運転者は、やむをえず運転等に変更が生じた場合は、すみやかにその旨運行管理者を経て、安全運転管理者に報告しなければならない。

(運転者の心構え)

第15条 運転者は、特に公務員として自覚し、貴重な人命と財産にかかわるその責任の重大なることを十分認識し確実安全な運行に全力をつくさなければならない。

2 運転者は、常に関係法に基づく諸規定を厳守し、互譲の精神に徹し、交通道徳の高揚に努めなければならない。

(神経の集中)

第16条 運転者は、運転中考えごと、又は同乗者との雑談及びわき見運転等を避けて全神経を運転に集中しなければならない。

(服装)

第17条 運転者は、運転の操作に妨げとならない端正な服装を着用し、履物は足の感覚を鈍らせないもの又安全運転に支障のないものを使用しなければならない。

(過労等の申出)

第18条 運転者は、疾病、過労、飲酒その他の理由で正常な運転ができないおそれがあるときは、当該運行管理者にその旨を申し出なければならない。

2 運転者は、運転中疲労や眠気をおぼえたときは、安全な場所に車両を止めて深呼吸や体操など休息の措置をとること。

(運転者の遵守事項)

第19条 運転者は、関係法のほか次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 正確な運転操作をするには、常に正しい姿勢で運転をすること。

(2) 長期間運転をしなかつた者又なれない車両を運転するときは、急に交通の主流に出ることなく、車両になじむよう処置をとること。

(3) 貨物車両を運転するときは、積載品に応じ、また道路の状況に応じて随時積載品の点検をすること。

(4) 道路で車両の乗り降りは、車両の前後をよく見て、安全を確かめて行ない、さらにできるかぎり左ドアから乗り降りすること。

(5) 発進する際、車両の死角部分の確認はいつたん降車して、安全を確かめること。

(6) 踏切の通過中には変速の操作をしないこと。

(7) 原動機付自転車を運転するときは、必らずヘルメツトを着用すること。

(8) 車両の公用外使用とか自宅へ持ち帰るなどはしないこと。

(9) その他安全運転に関しての意見は積極的に申し出すること。

2 運転者は、公務に公用車以外の車両を使用してはならない。

(車両の点検)

第20条 仕業点検の実施は、次の各号に掲げるところにより確実に行なわなければならない。

(1) 点検は運転開始前にすること。

(2) 運転者自身が点検すること。

(3) 最少限1日1回の点検をすること。

(4) 仕業点検表(第2号様式)に基づき点検をすること。

(5) 燃料、潤滑油及び冷却水を点検すること。

(6) 点検終了後は車両を清掃すること。

2 運転者は、前条各号の点検結果を仕業点検表に記入のうえ、整備管理者に提出し、運行可否の決定を受けなければならない。

3 運転者は、運転終了後その車両の必要部分及び燃料等を点検し、清掃を確実に行ない、常に運行に支障のないよう努めなければならない。又点検の結果異常の有無及び運転状況等を自動車使用復命書に記載し、整備管理者又は安全運転管理者に報告しなければならない。

4 運転者は、点検時車両の用具、非常信号用具及び消化器等に異常があつた場合は整備管理者に届け出て、補修又は交換の処置を受けなければならない。

5 整備管理者は、仕業、終業点検の結果を確認し、異常と認めたときは、運行を一時停止する等の措置を行ない、その旨を運行管理者に連絡しなければならない。

(鍵の保管)

第21条 車両の鍵は、安全運転管理者が保管し、その使用状況の把握と管理を行なわなければならない。

2 運転者は、車両の鍵を受けるには所定の手続書を安全運転管理者に提出しなければならない。

3 運転者は、運転終了後、前条第3項に定める措置を確実に行ない、車両を所定の場所に格納するとともに、鍵は安全運転管理者に返納しなければならない。

4 安全運転管理者は、勤務時間終了後車両の鍵は鍵出納簿に基づき検収を行ない、鍵専用保管箱に収納し、これを宿日直者に引き継ぐものとする。

(車両の整備)

第22条 運転者は、運行中故障の発生した場合又は車両点検等により異状を発見した場合はただちに当該運行管理者を経て、整備管理者に連絡し、その措置について指示を受けなければならない。

2 整備管理者は、前項の措置について自動車整備請求書(第3号様式)の発行をもとめ、すみやかにこれを受理し、復旧作業に努めなければならない。

3 整備管理者は、定期点検計画実施表(第6号様式)及び定期点検整備計画表(第7号様式)による計画に基づき、該当車両の整備を実施するものとする。ただし、作業開始5日前に自動車整備請求書に必要事項を記入し、当該運行管理者を経て管理者に報告するものとする。

4 検査主任者は、各整備作業が自動車分解整備(車両法施行規則第3条)に該当しない場合であつても、当該整備が完了したときは、必らず完成検査を実施し整備箇所が完全にできたかどうか、又鈑金、熔接等の作業についても関連した部分が安全かつ保安基準に適合しているかどうかを確認しなければならない。

5 検査主任者は、前項検査のうち当該自動車分解整備の行なつた車両については、必らず自動車分解整備記録簿(車両法第91条)に定める記載及び保在をしなければならない。

6 検査主任者又は整備管理者は、車両整備の受入れ検査には確実な点検を行ない、作業箇所の決定とともに、作業指図書(第5号様式)を発行し、毎日記入し整備の種別、作業内容及び時間等の状況を管理者に報告するものとする。

7 整備管理者は、夫々の整備が完了したときは、当該車両の請求済、自動車整備請求書を使用し、作業内容、部品 材料、所要時間及びその他の費用等を明細に記入し、当該運行管理者の確認を受けて保管するものとする。

(外注)

第23条 整備管理者は、車両及び補機類、機械、器具類等の外注修理及び所要材料、部品、用品等の購入をしなければならないときは、兼用書、自動車整備請求書に区分記入し、管理者の決裁を受けて所定の手続をしなければならない。

2 整備管理者は、緊急を要し止むをえず発注した場合は、必ずその旨を管理者に報告し、前項の手続をしなければならない。

3 整備管理者は、外注修理及び物品の購入をした場合は、納品に対して確実な検収を行ない、これを受領するものとする。

(工場及び車庫の管理)

第24条 整備管理者は、整備工場及び車庫施設には、各担当責任者を定めるとともに、随時点検を行ない、特に火気には注意し、その保守に努めなければならない。

2 整備管理者は、車庫の収容能力及び施設の配置等に関して、常に検討し、能率の向上に努めなければならない。

3 整備管理者及び各担当責任者は常に整備工場及び車庫内の整理整頓を行ない、又清掃に心掛け、環境の整理に努めなければならない。

(工場設備及び機械工具の管理)

第25条 整備管理者は、主要な整備用設備、機械器具等には取扱責任者を定め、常に点検整備を行ない常に良好な機能の保持に努めなければならない。

2 工具器具及び測定用具等の使用については、損傷しないよう丁寧に取扱い使用後は必らず手入れを行なつて所定の場所に格納しなければならない。

3 各種機械、器具等の使用方法を充分熟知し、確実安全かつ迅速な作業能率の向上と部品、材料及び電力等経費の節約に努めなければならない。

(燃料脂油及び給油施設の管理)

第26条 車両管理者は、危険物取扱主任者に給油取扱所、貯蔵所及び取扱等の管理を委ねるとともに随時監督するものとする。

2 燃料脂油の取扱い及び施設等に関する保安上の管理は厳重に監督し、特に火災予防に万全を期さなければならない。

3 給油及び貯蔵施設には、特に塵埃、水分の進入等のないよう管理しなければならない。

4 燃料、脂油の補給又は交換は厳重に監督し、出納伝票及び台帳を作成し確実に記載しなければならない。

5 前項の記載は各車両の性能又は整備上もつとも重要な資料となるため、その消費率の状況表は毎日記入し各車両の性能を常に検討しなければならない。

(事故の措置)

第27条 運転者は、車両の運転事故が発生したときは、次の各号に定めるところにより、冷静に措置するものとする。

(1) 運転事故は、すべて当該運行管理者を経て、安全運行管理者に報告し、その指示に従うこと。

(2) 傷害事故が発生したときは、ただちに負傷者の応急措置をとつたうえ、前号の連絡又は所轄警察署に急報しその指示に従うこと。

(3) 現場処置で、負傷者の傷害が軽傷等の理由で手当を辞退する場合は、相手方の住所、氏名、年齢及び職業等を記録しておくこと。

(4) 現場処置で負傷者には、特に言葉や態度に注意し相手方を刺激し感情を抱かせないよう努めること。

(事故の報告)

第28条 運転者は、事故の大小にかかわらず、正確に自動車事故報告書(第8号様式)を作成し、必らず当該運行管理者及び安全運転管理者に報告しなければならない。

附 則

この規程は、昭和45年8月1日から施行する。

附 則(昭和47.4.1規程1)

この規程は、昭和46年4月1日から施行する。

附 則(昭和50.6.30規程10)

この規程は、昭和50年7月1日から施行する。

附 則(平成19.3.30規程4)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

画像画像

画像画像

画像

柏原市車両管理規程

昭和45年8月1日 規程第4号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 組織・処務/第4章 庁舎管理等
沿革情報
昭和45年8月1日 規程第4号
昭和47年4月1日 規程第1号
昭和50年6月30日 規程第10号
平成19年3月30日 規程第4号