○柏原市道路占用料の減額又は免除に関する規則

平成9年6月30日

規則第16号

(占用料を徴収することが公益上その他の理由により不適当であると認める場合)

第1条 柏原市道路占用料条例(昭和33年柏原市条例第23号。以下「条例」という。)第5条に規定する条例第2条の額の占用料を徴収することが公益上その他の理由により不適当であると認める場合は、道路の占用が次に掲げる物件に係るものである場合とする。

(1) 鉄道事業法(昭和61年法律第92号)第2条第1項に規定する鉄道事業又は同条第5項に規定する索道事業の用に供する施設であって当該施設の敷地を道路管理者が道路として無償で使用しているもの

(2) 公職選挙法(昭和25年法律第100号)第129条に規定する選挙運動のために使用する立札、看板その他の物件

(3) 街灯(アーチ型のものを除く。以下この号において同じ。)又は街灯を添加している電柱(電話柱を含む。以下同じ。)であって広告物を添加しないもの

(4) 農道、林道その他公共の用に供する通路

(5) 駐車場法(昭和32年法律第106号)第17条第1項に規定する都市計画において定められた路外駐車場

(6) 道路管理者の設ける街灯若しくは標識又は公安委員会の設ける標識若しくは信号機を無償で添加している電柱であって広告物を添加しないもの

(7) 公共組合又は公共的団体が設置する有線放送電話業務に供する電柱であって広告物を添付しないもの

(8) 公共組合、公共的団体、電気事業者等が設ける架空の道路横断電線及び各戸引込電線

(9) 難視聴対策を目的とする有線テレビジョン放送施設

(10) ガス、電気、電気通信、水道又は下水道の各戸引込地下埋設管

(11) かんがい排水施設その他の農業用地の保全又は利用上必要な施設

(12) カーブミラー、くずかご、灰皿、花壇、掲示板等で営利目的がなく、かつ、交通安全、道路の美化又は公衆の利便に著しく寄与する物件

(13) 使用貸借により権原を取得した道路の敷地の所有者にその敷地内において占用を許可した物件

(14) 道路を新設し、又は改築したことによりやむを得ず新たに占用することが必要となった通路又は排水管

(15) 公共の用に供する歩廊施設、ベンチ及び上屋

(16) 道路の構造上やむを得ず出入口として設ける通路

(17) 高架道路の路面下に設ける物件

(18) 電気通信事業法(昭和59年法律第86号)第120条第1項に規定する認定電気通信事業者が設ける電気通信設備のうち、簡易型携帯電話システムに係る無線基地局

(19) 道路法(昭和27年法律第180号)第41条の規定により占用物件に新たに添加された物件

(20) 前各号に掲げるもののほか、市長が公益上その他特別の理由があると認める物件

(占用料の減免)

第2条 道路の占用が国若しくは地方公共団体が行う事業に係るものである場合又は前条第1号から第14号までに掲げる物件に係るものである場合は、当該占用に係る占用料を免除する。

2 道路の占用が前条第15号から第19号までに掲げる物件に係るものである場合は、当該占用に係る占用料を減額する。

3 道路の占用が前条第20号に掲げる物件に係るものである場合は、当該占用に係る占用料を免除し、又は減額する。

附 則

この規則は、平成9年7月1日から施行する。

附 則(平成16.1.22規則3)

この規則は、平成16年1月26日から施行する。

柏原市道路占用料の減額又は免除に関する規則

平成9年6月30日 規則第16号

(平成16年1月26日施行)

体系情報
第10編 設/第2章 土木・建築
沿革情報
平成9年6月30日 規則第16号
平成16年1月22日 規則第3号