○柏原市職員採用規程

昭和35年2月1日

規程第1号

第1条 新たに採用する市の職員(以下「職員」という。)は、別に定める職員採用選考委員会の選考報告をうけたものの中から採用する。ただし、臨時的に任用される職員は、この限りでない。

第2条 職員は、満15歳以上満35歳以下の者であつて、次に規定する試験に合格したものでなければならない。ただし、単純な労務に雇用されるものその他特に必要と認めるものについては、この限りでない。

第3条 職員の採用試験は、次の科目について行う。ただし、必要ある場合は、これを変更することができる。

(1) 筆記試験

(2) 口述試験(人物考査)及び身体検査

(3) その他必要な考査

2 身体検査は、市長の指示する病院又は医師の身体検査に合格したものでなければならない。

第4条 次の各号の一に該当するものは、採用しない。

(1) 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条の規定に該当する者

(2) 市の職員に適しないと認める者

附 則

この規程は、昭和35年2月1日から施行する。

附 則(昭和50.6.30規程5)

この規程は、昭和50年7月1日から施行する。

附 則(平成25.12.3規程2)

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

柏原市職員採用規程

昭和35年2月1日 規程第1号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
昭和35年2月1日 規程第1号
昭和50年6月30日 規程第5号
平成25年12月3日 規程第2号