○柏原市行政協力者感謝状等贈呈内規

昭和42年10月1日

決裁

(感謝状等の贈呈)

第1条 本市の市政に協力し、住民の福祉の増進に寄与した行政協力委員(在任中の者を除く。)を行政協力者として市長が定める適当な日に感謝状等の贈呈を行う。

第2条 前条に規定する感謝状等の贈呈は、次の各号の区分により行うものとする。

(1) 行政協力委員として1年以上6年未満在任した者には、感謝状

(2) 行政協力委員として6年以上在任した者には、感謝状と協力章

2 前項に掲げる年数に達しない者であっても、その功労が顕著で特に市長が必要と認めたときは、前項の規定にかかわらず、感謝状等を贈呈することができる。

(在任期間の計算)

第3条 在任期間の計算は、行政協力委員となった日の属する月から退任した日の属する月までの月数によるものとし、在任期間1年未満の端数は、6月未満はこれを切り捨て6月以上は1年として計算する。

附 則

この内規は、昭和42年1月1日から施行する。

附 則(平成11.3.30)

この内規は、平成11年4月1日から施行する。

柏原市行政協力者感謝状等贈呈内規

昭和42年10月1日 決裁

(平成11年3月30日施行)

体系情報
第1編 則/第3章
沿革情報
昭和42年10月1日 決裁
平成11年3月30日 種別なし