柏原市立歴史資料館 スポット展示

2021年1月15日

 常設展示室入口横で行っているミニ展示です。寄贈資料のほか、発掘調査の速報展など、およそ2か月ごとに展示替えしています。

1~2月のテーマ

『こんなモノをいただきました』

展示期間

令和3年1月12日(火)~2月28日(日)

概要

 今回は、かつて河内で盛んだった村相撲に関係する資料を展示しています。

 明治から昭和の初めにかけて河内一帯では村相撲がとても盛んでした。河内を中心に80ほどの相撲部屋が点在し、近隣の部屋が集まり「組」を設けて、一年を通して取り組みを行ってました。当時相撲は、「見る」ものではなく「取る」ものといわれていたほど人気の娯楽でした。

 展示の資料は、そうした村相撲で使われていた「化粧まわし」とまわしなどの荷物を入れる「明荷(あけに)」です。寄贈いただいた方の父が使用していた昭和初め頃のもので、四股名の「吉の崎」が刺繍された立派な化粧まわしです。以前は東弓削に住んでいたことから、八尾にあったの中組の東崎部屋の力士だったのかもしれません。

 また柏原の国分地区にあった若ノ森部屋に関係する資料として、河内十三組相撲協会の「給金帳」、「感謝状」も展示しています。給金帳には各部屋の頭取(親方)や力士の名前が記された貴重な資料です。感謝状は、長年に渡って協会を支えていた若ノ森部屋の頭取・嶋ノ森(青木)彌三朗氏へ贈られたものです。

 この機会にぜひご覧ください!

 

スポット展示 全景

スポット展示 まわし

スポット展示 賞状

 

これまでのスポット展示

2020年(令和2年)

2019年(平成31年・令和元年)

2018年(平成30年)

2017年(平成29年)

2016年(平成28年)

2015年(平成27年)

2014年(平成26年)

2013年(平成25年)

2012年(平成24年)

2011年(平成23年)

2010年(平成22年)

2009年(平成21年)

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431