大阪南部高速道路事業化促進協議会

2018年10月29日 (都市政策課)

速道路

 大阪南部地域は、高速道路の空白地帯であり、大阪南部と大阪都心部や関西国際空港との接続性の向上だけでなく、世界遺産を有する奈良県や和歌山県を含めた歴史・文化財とのネットワークの構築に寄与し、地域全体の経済発展と地域振興、防災対策に多大な効果をもたらすものです。

柏原市では、平成27年に設立された「大阪南部高速道路事業化促進協議会」の会員となり、事業化を目指しています。

大阪南部高速道路、通称「大南高」は、柏原市にとって、渋滞の緩和、物流網の拡大や効率化による産業の発展、観光振興、さらには防災対策としての効果も大きく、市の発展に重要な役割をもっていると考えています。

大阪南部高速道路事業化促進協議会のホームページ

「大阪南部高速道路事業化促進協議会」の概要、活動内容等については、協議会のホームページをご覧ください。下のバナーをクリックすると、協議会のホームページに移行します。

バナーをクリックすると大南高のホームページへ↓

QRコードはこちら↓

お問い合わせ

都市政策課
電話:072-972-1597