特定教育・保育施設(幼稚園・保育所等)を利用される場合の保育料のご案内

2018年8月22日 (こども育成課)

柏原市保育料徴収基準額表

 市内公立幼稚園、認可保育所、認定こども園、小規模保育事業所等を利用される柏原市民の方の保育料は、柏原市が決定します。保育料については、次のリンク先(PDFファイル)をご確認ください。

 

1号認定保育料(教育認定)

2号・3号認定保育料(保育認定)

 

平成30年9月からの5歳児保育料教育費相当額の無償化について

 柏原市では、幼稚園、認可保育所、認定こども園を利用される市内在住の5歳児(年長組)の教育に係る保育料を無償化します。

○幼稚園等保育料(1号認定)・・・・・全額無償化

○保育所等保育料(2号認定)・・・・・現行保育料の50%を無償化

○新制度に移行していない私立幼稚園・・幼稚園就園奨励費補助金の補助額を9月分から世帯の所得に関係なく月額21,000円として設定することにより実質無償化

 1、2号認定保育料は9月に保育料算定年次を切り替えるため、各世帯に保育料決定通知を送付する予定ですので、無償化の対象となるご世帯の方は保育料決定通知で金額をご確認ください。私立幼稚園にお通いで幼稚園就園奨励費補助金の申請をされている方は、年度末に補助金額を通知します。

 

ひとり親家庭等に係る軽減措置について

 ひとり親家庭やご家族に障害者手帳をお持ちの方がいる場合で、市町村民税所得割額(父母合算)が77,101円未満の場合は、保育料の減額措置を講じます。 幼稚園や保育所をすでにご利用されておられる方で、離婚等でひとり親家庭になられた場合は、住民票の手続きの際にこども育成課窓口にて支給認定変更申請書の手続きをしてください。また、同居のご家族の方が障害者手帳を取得された場合は、手帳の写しをご用意いただき、こども育成課窓口にて支給認定変更申請書の手続きをしてください。

 軽減措置の対象となる場合は保育料を変更させていただきます。

 

他市町村から柏原市へ転入された場合

  父母両方の(非)課税証明書が必要となります。4月分から8月分の保育料については前年度の(非)課税証明書が、9月から翌年3月分の保育料については当年度の(非)課税証明書が必要となります。幼稚園・保育所への申込みを予定されている場合は、事前に前居住市町村にて取得してください。

 

 

お問い合わせ

こども育成課
保育幼稚園係
電話:072-972-1581