70歳以上の方の平成29年8月から高額療養費の上限額が変わります

2017年6月29日 (保険年金課)

  ひと月に支払った医療費が高額になり、きめられた上限額を超えた場合に、上限額を超えてお支払いいただいた分を払い戻す制度です。上限額は、個人もしくは世帯の所得に応じて決まっています。平成298月から、70歳以上の方の上限額が下表のように変わります。

 

平成297月診療分まで 

適用区分

 

外来(個人ごと)

外来+入院(世帯ごと)

現役並み

課税所得

145万以上の方

44,400

80,100+

(医療費-267,000)×1

〈※2

一般

課税所得

145万未満の方(1)

12,000

44,400

住民税非課税

II 住民税非課税世帯

8,000

24,600

I住民税非課税世帯

(年金収入80万以下など)

15,000

 

 

 

 

平成298月診療分から 

適用区分

 

外来(個人ごと)

外来+入院(世帯ごと)

現役並み

課税所得

145万以上の方

57,600

80,100+

(医療費-267,000)×1

〈※2

一般

課税所得

145万未満の方(1)

 

14,000

(年間上限144,000)

 

57,600

〈※2

住民税非課税

II 住民税非課税世帯

8,000

24,600

I住民税非課税世帯

(年金収入80万以下など)

15,000

 

1 世帯収入の合計額が520万円未満(1人世帯の場合は383万円未満)の場合や、「旧ただし書所得」の合計額が210万円以下の場合も含みます。

 

2 過去12か月以内に3回以上、上限額に達した場合は、4回目から上限額が44,400円になります。「広報かしわら」7月号には、4回目からの上限額が「44,000円」となっていましたが、正しくは「44,400円」です。お詫びして訂正いたします。)

 

お問い合わせ

保険年金課
電話:072-972-1505