セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の創設

2017年12月28日 (課税課)

1.セルフメディケーション税制とは

前年中に、健康の保持増進及び疾病の予防として一定の取組を行う方が、自己または自己と生計を一に

する配偶者、その他の親族のために、特定一般用医薬品等を購入した場合において、前年中に購入した

合計額(年間10万円を限度)のうち1万2千円を超える額を所得控除できる制度です。

 

2.控除の対象となる特定一般用医薬品等の購入の期間

平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に購入されたものが控除の対象になります。

 

3.一定の取組を行う方とは

特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診のいずれかを受けている方です。

控除を申告する際は、健診等を受けたことを明らかにする書類の提出、又提示が必要になります。

なお、検診等にかかった費用についてはセルフメディケーション税制の対象になりません。

 

4.特定一般用医薬品等とは

 特定一般用医薬品等とは、医師によって処方される医薬品(医療用医薬品)から、薬局などで購入

できるOTC医薬品に転用された医薬品(スイッチOTC医薬品)のことです。

 

5.申告をする際の注意点

セルフメディケーション税制の明細書の提出が必要となります。

○健診等を受けたことを明らかにする書類の提出、又提示が必要になります。

○通常の医療費控除とセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は併用することができません。

 

6.セルフメディケーション税制に関する詳しい内容

厚生労働省のホームページをご覧ください。(外部リンク)

お問い合わせ

課税課
市民税係
電話:072-972-6241