柏原暮らし 暮らす

2016年11月16日 (広報広聴課)

暮らす

大阪屈指の特産品「ぶどう」

柏原市は、大阪府内で屈指のぶどうの産地です。「柏原ぶどう」または「堅下ぶどう」と呼ばれ、秋には、ぶどう狩りに訪れる親子や観光客で賑わいます。ぶどうを利用した地ワインの生産にも力を入れており、知名度も高まっています。

ぶどう狩りぶどう畑ぶどう畑

天王寺まで電車で約15分

市内には、大阪市と奈良県とを結ぶ近鉄線やJR 線が走っています。近鉄大阪線では、大阪の流行発信地である難波駅まで約35分。JR大和路線では、日本一高いビル「あべのハルカス」がある天王寺駅まで約15分。毎日の通勤にも便利な環境です。

アクセス

豊かな自然に恵まれる町

大阪市内の都会と比べて、山と川の自然に恵まれる柏原市は、日常生活で子どもたちが自然と触れ合う機会がたくさんあり、子どもの感性を育てるのにぴったりの環境です。春・夏・秋・冬の四季折々の自然散策は、休日の家族の楽しみにもなります。

夕陽桜畑大和川

お問い合わせ

広報広聴課
電話:072-972-1500