通知カード(マイナンバー)についてのお知らせ

2017年8月14日 (市民課)

1 通知カードとは

 

通知カードとは、住民のひとりひとりに個人番号をお知らせするものです。

通知カードは、紙製のカードで、住民にマイナンバー(個人番号)をお知らせするものです。
券面にはお住まいの市区町村の住民票に登録されている「氏名」「住所」「生年月日」「性別」と「マイナンバー(個人番号)」等が記載されています。
お届けは平成27年10月から全国で順次始まっており、みなさまの住民票の住所に簡易書留(世帯主宛)で届きます。
今のお住まいと住民票の住所が異なる方は、お住まいの市区町村に住民票の異動をお願いします。
※ 通知カードは転送されませんのでご注意ください。

 

【通知カード見本】

   

2 お届けするもの

・通知カード(世帯人数分)

お住まいの方お一人お一人の個人番号をお知らせするカードです。 

・個人番号カード交付申請書(世帯人数分)

公的な身分証明書となる、個人番号カードの交付を申請するための書類です。
申請は、スマートフォンやパソコンからのオンライン申請も可能です。

個人番号カード交付申請についてはこちら 

・音声コード及び申請書ID控

通知カードに関する説明をデータ化した視覚障がい者音声コードと交付申請書の申請書IDの控です。
切り離して、個人番号カードが交付されるまで保管してください。

※音声コード(Uni-Voice)の読み取りについて
二次元バーコード「音声コード(Uni-Voice)」を音声コード対応の携帯電話、音声コードに対応したアプリケーション
をインストールしたスマートフォンで読み込むことで音声コード内に収められた情報を音声で読み上げることができ
ます。
【音声コード読取内容】
あなたのお住まいの市区町村から、あなたの12桁の個人番号(マイナンバー)を記載した通知カードと、個人番号
カード交付申請書を送付します。
あなたの個人番号は、○○○○○○○○○○○○です。
平成28年1月から、社会保障・税・災害対策における各種手続において、本人確認とともに、個人番号の記載・
確認を求められることとなります。
通知カードは、個人番号を証明するための手段となりますので、大切に保管してください。
また、個人番号カードは、個人番号の証明に加えて、多様なメリットがあり、当面無料でもありますので、ぜひ交付
申請してください。
詳細につきましては、個人番号カードコールセンター0570-783-578までお問い合わせください。

・個人番号カード交付申請書の送付用封筒(1通につき1部)

記入いただいた交付申請書を郵送いただくための封筒です。
切手の貼付は不要です。
 ※差出有効期間は平成29年10月4日まで
 送付用封筒の裏面のご確認点をチェック頂き、住所・氏名を記載の上、ご送付ください。

【ご確認点】
• 適切な顔写真を貼りましたか?
• 申請日、申請者氏名(自署)等の記入漏れはありませんか?
• 通知カードと音声コード及び申請書ID控は切り離しましたか?
• 個人番号カード交付申請書以外のものを同封していませんか?

送付先:〒219-8730
日本郵便株式会社 川崎東郵便局 郵便私書箱第2号
地方公共団体情報システム機構
個人番号カード交付申請書受付センター 宛
※同封の送付用封筒と別の封筒でご送付の方は、上記送付先までお送りください。
なお、封筒及び送料につきましては送付者のご負担となります。

・ご案内・・・ご案内(1通につき1部)

マイナンバー及び交付申請についてご案内している冊子です。 

3 通知カードの利用用途

行政機関の窓口等でマイナンバー(個人番号)を求められた際に利用可能です。
ただし、本人確認を行うために運転免許証等の本人確認書類の提示が必要となります。
なお、個人番号カードの交付を受ける場合、通知カードは市区町村に返納しなければなりません。

お問合わせ先:柏原市役所市民課 072-929-8138、8152
個人番号カードコールセンター 0570-783-578

4 郵便局の保管期限を過ぎてしまったら…

簡易書留は、不在票が入ってから約1週間郵便局で保管されます。

郵便局での保管期限の過ぎた簡易書留は、市役所へ戻り、約3ヶ月間保管しますので、

市役所へ受取にお越しください。

なお、この保管期限も過ぎてしまうと、通知カードは処分されてしまいます。

これ以降の受取は、紛失時の再発行などと同様に再発行の取扱いとなり、

手数料500円が必要となりますのでご注意ください。

  受取窓口 : 市民課
  受取時間 : 平日8時45分~17時15分
  受取時に必要なもの
    本人(世帯主・同一世帯員)が受取る場合
         a.受取人の本人確認書類

 

    代理人が受取る場合
         a.  受取人(代理人)の本人確認書類
         b.  代理人であることを示す書類
            1.法定代理人の場合     戸籍謄本等、後見登記簿謄本等
            2.法定代理人以外の場合  委任状
         c.  委任者の本人確認書類

 

本人確認書類例

A 1点の提示で足りるもの
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)
  • 旅券
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 一時庇護許可書
  • 仮滞在許可書
  • 海技免状
  • 電気工事士免状
  • 無線従事者免許証
  • 動力車操縦者運転免許証
  • 運航管理者技能検定合格証明書
  • 猟銃/空気銃所持許可証
  • 特種電気工事資格者認定証
  • 認定電気工事従事者認定証
  • 耐空検査員の証
  • 航空従事者技能証明書
  • 宅地建物取引士証
  • 船員手帳
  • 戦傷病者手帳
  • 教習資格認定証
  • 検定合格証
  • 官公署がその職員に対して発行した身分証明書等

 

B 2点以上の提示が必要なもの
  • Aの書類が更新中の場合に交付される仮証明書や引換証類
  • 地方公共団体が交付する敬老手帳
  • 生活保護受給者証
  • 健康保険又は介護保険の被保険者証
  • 医療受給者証
  • 各種年金証書
  • 児童扶養手当証書
  • 特別児童扶養手当証書
  • 住民名義の預金通帳
  • 民間企業の社員証
  • 学生証
  • 学校名が記載された各種書類等

お問い合わせ

市民課
電話:072-929-8138,8152