柏原市立歴史資料館 スポット展示

2017年8月30日 (文化財課)

 2階ホール常設展示室横で行っています。当館への寄贈資料を紹介するほか、発掘調査の速報展を行うなど、2箇月ごとに展示替えしています。

9~10月のテーマ

『こんなモノいただきました』 

展示期間

平成29年8月28日(土)~10月下旬 

概要

今回の展示資料は「銅たらい」「針箱」「弁当箱」です。

「銅たらい」には殺菌作用があり、水をきれいな状態で使うことができました。このような特徴から、野菜などを洗うのにも向いており重宝されていました。

「針箱」は当時の女性たちにとって今よりもっと身近なものでした。服を手作りするのが一般的で、ボタンや針、糸などを収納するために欠かせないものでした。

「弁当箱」農耕や漁労の仕事に入る前日に仕事を休んで、山や海で遊ぶ「春事(はるごと)」という習慣がありました。この春事の日に家族や村人とお弁当を食べます。春事のお弁当は当時の人たちにとって楽しみであり、特別なものでした。

昔のくらしを物語る貴重な資料ばかりです。ぜひご覧ください!

 

これまでのスポット展示

2017年(平成29年)

2016年(平成28年)

2015年(平成27年)

2014年(平成26年)

2013年(平成25年)

2012年(平成24年)

2011年(平成23年)

2010年(平成22年)

2009年(平成21年)

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431