重度身体障害者住宅改造助成

2014年9月12日 (障害福祉課)

障害者が住み慣れた地域で自立し、安心して生活ができるよう住宅の改造を行う場合にその費用の一部を助成します。

対象者

身体障害者手帳1・2級(下肢又は体幹機能障害にあっては3級を含む)に該当する者がいる世帯。

助成率

トイレ、浴室、玄関、廊下、階段、台所、居室等の改造に要する経費で、実際に改造工事に要した費用と助成対象上限額とのいずれか低い額。(助成金の額に千円未満の端数が生じたときはこれを切り捨てます)

 生計中心者の前年所得税額  助成対象上限額
 ・非課税又は生活保護  工事費の全額(但し600,000円を上限とする)
 ・40,000円以下  工事費の3分の2(但し600,000円の3分の2を上限とする)
 ・40,001円以上70,000円以下  工事費の2分の1(但し600,000円の2分の1を上限とする)

要件

生計中心者が本市に1年以上在住し、かつ生計中心者の前年の所得税が70,000円以下。

申請に必要な物

身体障害者手帳、工事見積書、現況写真、改造箇所がわかる全体図、印鑑

 

お問い合わせ

障害福祉課
電話:072-972-1508