史跡鳥坂寺跡の整備基本計画(案) 整備検討委から市教委に第1次提言

2014年2月14日 (文化財課)

 柏原市高井田の国史跡鳥坂寺跡の整備について検討している、同市の同寺跡整備検討委員会 (委員長・大脇潔近畿大学元教授、6人)は、2月13日、「鳥坂寺跡整備基本計画(案)」(第1次提言)を同市教育委員会に提言した。当日開催の同検討委 員会の会議の席上、大脇委員長から同市教育委員会の稲田邦敏教育長に第1次提言の基本計画案を手渡した。

 同検討委員会は、平成24年5月に考古学や史跡整備などの専門の研究者を委員に発足、以後、3~4か月に1回のペースで会議を開催しながら研究、検討を進めていた。現委員の任期が今年度末ということから、今回の第1次提言となった。

 今回提言した基本計画案は、基本計画の目的と位置づけ、鳥坂寺跡の現状と課題、同寺跡の保存管理計画、整備基本計画などから成り、全体計画や整備手法の検討、事業計画などについても提言している。

 基本計画の目的では、平成24年3月に市民協働で策定した「鳥坂寺跡保存活用基本構想」をもとに現況の把握や課題の抽出・分析などを行い、同寺跡の保存 管理や活用、整備などの基本的な考え方や計画を示すことを明らかにしている。鳥坂寺跡保存活用基本構想では、同寺跡の史跡公園化を基本方針として打ち出し ていることから、同基本計画案では、この基本方針に基づき、寺の主要建築物跡ごとに整備計画案を示すなど、さらに具体化した内容としている。

 同検討委員会は、平成26年度以降も引き続き検討を進め、最終提言を目指すとしている。

 

【鳥坂寺】

 8世紀の歴史書「続日本紀(しょくにほんぎ)」に記載されている寺院。孝謙天皇が難波の宮への行幸途中に参拝したとの記録があ る。いわゆる河内六寺の一つ。現況は、ぶどう畑や神社などだが、金堂や講堂、塔など寺の主要建築物の基壇や礎石などが残されている。平成24年1月24 日、国の史跡に指定された。

 

鳥坂寺提言1

鳥坂寺提言2

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431