田辺廃寺跡

2014年8月29日 (文化財課)

名称(ふりがな)

田辺廃寺跡(たなべはいじあと)

 

員数

1

 

時代

奈良時代

 

種別(指定番号)

史跡

 

指定年月日

昭和50年7月19日

 

所有者

春日神社

 

所在地

柏原市田辺1丁目(春日神社)

 

解説

 田辺廃寺は現在の柏原市田辺を本貫地(ほんがんち:本拠地)とした百済系渡来氏族の田辺史(たなべのふひと)氏が建てた氏寺と言われています。1971 年の発掘調査によって金堂、東西両塔、南大門などが確認され、薬師寺式の伽藍配置であることが判明しました。東塔の基壇はセン(レンガ状の焼物)を積み上 げたセン積み基壇、西塔と金堂の基壇は瓦を積み上げた瓦積み基壇で、東西両塔ともに三重塔が建てられていたと考えられます。遺跡は春日神社の境内にあり、 瓦などの出土遺物も境内の収蔵庫に展示されています。

※収蔵庫の見学は、春日神社に予約が必要です。

田辺廃寺跡

春日神社境内

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431