高井田横穴

2014年8月29日 (文化財課)

名称(ふりがな)

高井田横穴(たかいだよこあな)

 

員数

1群

 

時代

古墳時代

 

種別(指定番号)

史跡

 

指定年月日

大正11年3月8日、(追加指定)平成2年3月6日

 

所有者

柏原市

 

所在地

柏原市高井田(史跡高井田横穴公園)

 

解説

 横穴は、凝灰岩などの軟らかい岩盤を掘った墳丘を持たない古墳の一形態で横穴墓とも呼ばれます。単独であることは少なく、狭い範囲に集中して造られるの も特徴の一つです。1つの横穴を30~40年にわたって使用し、3人前後の人が葬られたと考えられます。横穴は全国的に広く分布していますが、大阪府内で は柏原市でしか発見されていません。高井田横穴群では162基の横穴が確認されていて、そのうち27基に線刻壁画が描かれています。第3支群5号横穴のゴ ンドラ形の船に乗る人物の壁画が最も有名で、他にも馬、鳥、花をはじめ色々な絵や記号が描かれている横穴もあります。現在、横穴の入口には保護のためにそ れぞれ柵を設けてありますが、春と秋の年に2回は特別公開日を設けています。

高井田横穴

第3支群5号横穴

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431