山水蒔絵硯箱

2014年8月29日 (文化財課)

名称(ふりがな)

山水蒔絵硯箱(さんすいまきえすずりばこ)

 

員数

1点

 

時代

江戸時代

 

種別(指定番号)

重要文化財 工芸品(243)

 

指定年月日

明治32年8月1日

 

所有者

安福寺(大阪市立美術館寄託)

 

所在地

大阪市天王寺区(大阪市立美術館)

 

解説

 この品は、菩提樹蒔絵香筥牡丹蒔絵硯箱と ともに、尾張徳川家2代藩主徳川光友から安福寺に寄進されたものです。総高4.4cm、蓋縦23.4cm、蓋横22.7cmで、蓋表には金銀の高蒔絵で山 水が描かれています。安福寺は天平年間に創建されたと伝えられ、その後、荒廃していましたが、江戸時代前期に珂憶上人(かおくしょうにん)によって再興さ れました。珂憶に帰依していた徳川光友は安福寺再建に援助し、その後も寄進を続けました。寄進された三品は、書画・茶道にも通じた光友らしい品です。安福 寺の境内には徳川光友の廟所(びょうしょ:墓所)があります。

山水蒔絵硯箱

山水蒔絵硯箱

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431