立教館

2014年8月29日 (文化財課)

名称(ふりがな)

立教館(りっきょうかん)

 

員数

1

 

時代

江戸時代

 

種別(指定番号)

旧規則 史跡(16)

 

指定年月日

昭和22年4月9日

 

所有者

玉手山学園

 

所在地

柏原市旭ヶ丘3丁目(玉手山学園)

 

解説

 立教館は文政13年(1830年)、頼山陽(らいさんよう)に学んだ国分村の柘植常熙(つげじょうき:葛城)が郷土の子弟にも教育を受けさせようと、地 元の有志を募って建てた私塾です。頼山陽も何度かここを訪れ講義を行いました。また、裏手を流れる大和川の眺めを賞賛し、「河内嵐山」と評したとも伝えら れています。施設の老朽化と塾生の増加に伴い、文久3年(1863年)から新たな学舎の建設にかかり、明治4年(1871年)に完成し、国分村小学校立教館として開校しました。その後、立教館は昭和9年(1934年)まで国分小学校の一部として使用されていました。現在は、玉手山学園の敷地内に移築されて います。

立教館

立教館

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431