船橋遺跡出土縄文絵画土器

2014年8月29日 (文化財課)

名称(ふりがな)

船橋遺跡出土縄文絵画土器(ふなはしいせきしゅつどじょうもんかいがどき)

 

員数

1点

 

時代

縄文時代晩期

 

種別(指定番号)

有形文化財 考古資料(柏有第10号)

 

指定年月日

平成26年5月1日

 

所有者

柏原市

 

所在地

柏原市立歴史資料館

 

解説

 この土器は、平成5年7月6日、市内の大和川河川敷の船橋遺跡から個人によって採集され、当館へ寄託、寄贈されたものです。縄文時代の終わり頃(約 2800年前)に作られた土器で、復元すると口径、高さともに約50cmの深鉢になります。土器の口縁部下に、細いヘラ状の工具を使って4点の絵画が描か れていました。左から「建物」、「鹿」、「田んぼ」、「弓」などと推定されていますが、具体的に何をモデルにしたのかよくわかっていません。東日本縄文土 器の文様を真似て描いたという説もあります。縄文時代が終わりに近づき、近畿地方で弥生時代がまさに始まろうとしていたこの時期、この絵画にはどんな思い が込められているのでしょうか。

船橋遺跡土器1
船橋遺跡出土 縄文絵画土器

船橋遺跡土器2
左:「建物」?  右:「鹿」?

船橋遺跡土器3
左:「田んぼ」?  右:「弓」?

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431