旧大阪鉄道亀瀬隧道

2014年8月29日 (文化財課)

名称(ふりがな)

旧大阪鉄道亀瀬隧道(きゅうおおさかてつどうかめのせずいどう)

 

員数

1

 

時代

明治時代

 

種別(指定番号)

有形文化財 土木構造物(柏有第9号)

 

指定年月日

平成25年2月2日

 

所有者

国土交通省近畿地方整備局大和川河川事務所

 

所在地

柏原市峠

 

解説

 この隧道(トンネル)は、大阪と奈良を結ぶ初めての鉄道として敷設された大阪鉄道(現JR関西本線)のうち、明治25年(1892)2月2日に開通した 柏原市峠(亀の瀬)・王寺間に設けられた最初のトンネルです。亀の瀬は古くから地すべりの頻発した地域で、昭和6年(1931)11月にも大規模な地すべ りに見舞われました。この地すべりでトンネルは崩壊し、両側の入口(坑門)も埋ってしまいました。昭和37年(1962)から始まった地すべり対策工事の なかで、平成20年(2008)11月にこのトンネルの一部(約60m)が発見されました。幅4.3m、高さ4.75mの煉瓦(レンガ)造りの馬蹄形で、 側面がイギリス積み、アーチ部分の天井は長手積みで造られています。災害史、交通史からも貴重な構造物です。

旧大阪鉄道亀瀬隧道1
トンネル内部

旧大阪鉄道亀瀬隧道2
煉瓦構築

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431