茶臼塚古墳出土品

2014年8月29日 (文化財課)

名称(ふりがな)

茶臼塚古墳出土品(ちゃうすづかこふんしゅつどひん)

 

員数

三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)1点、四獣鏡(しじゅうきょう)1点、鍬形石(くわがたいし)6点、車輪石(しゃりんせき)8点、石釧(いしくしろ)41点、刀子(とうす)2点、鉄斧1点、鎌1点、鏃(やじり)2点、円筒埴輪1点

 

時代

古墳時代前期

 

種別(指定番号)

有形文化財 考古資料(柏有第3号)

 

指定年月日

平成20年8月21日

 

所有者

柏原市(市立歴史資料館所蔵)

 

所在地

柏原市高井田1598番1号(市立歴史資料館)

 

解説

 

茶臼塚古墳は松岳山古墳の前方部と接するように位置する東西16m南北22mの方墳です。松岳山古墳と同時期(4世紀頃)の築造と考えられます。この古墳は、1984年に土地所有 者らによって発見され、1984年、1985年の調査によって竪穴式石室内から多くの副葬品が出土しました。銅鏡(三角縁神獣鏡・四獣鏡)、鉄製農工具な どと共に、鍬形石・車輪石・石釧などの碧玉製腕飾(へきぎょくせいうでかざり)が多数発見されました。小規模の古墳からこのように大量の腕飾類が出土する のは大変珍しいことです。

 

      三角縁神獣鏡

       碧玉製品

 

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431