松岳山古墳出土品

2014年8月29日 (文化財課)

名称(ふりがな)

松岳山古墳出土品(まつおかやまこふんしゅつどひん)

 

員数

楕円筒埴輪(だえんとうはにわ)3点、壺形土器2点

 

時代

古墳時代前期

 

種別(指定番号)

有形文化財 考古資料(柏有第2号)

 

指定年月日

平成20年8月21日

 

所有者

柏原市(市立歴史資料館所蔵)

 

所在地

柏原市高井田1598番1号(市立歴史資料館)

 

 解説

楕円筒埴輪は、1985年に松岳山古墳の前方部西側裾のテラスから出土しました。円筒埴輪を左右に引き伸ばしたような楕円筒形の埴輪で、調査地点から出土した3点のうち1点は転倒して上部2段のみでしたが、他の2点は完形品で、大きい方の1点は長径64cm、短径42cm、高さが158cmあり、胴部の左右側面に幅11cm、長さ35cmの鰭(ひれ)が付いています。写真のものは、長径70cm、短径40cm、高さが143cmあり、胴部の左右側面に鰭が付いています。鰭付楕円筒埴輪(ひれつ きだえんとうはにわ)は非常に珍しいもので、類似のものは紫金山古墳(大阪府茨木市)からしか出土しておらず、指定品は楕円筒埴輪としても日本最大のもの です。壺形土器は、1985年の上記調査時と1986年の松岳山古墳の範囲等確認調査時に、それぞれ1点ずつ出土しました。土器の大きさは、高さ、口径、胴回り径ともに10cm余りで、その形状から4世紀頃のものと考えられています。

 

    楕円筒埴輪

       壺形土器

お問い合わせ

文化財課
582-0015 柏原市高井田1598-1(歴史資料館内)
電話:072-976-3430
ファクシミリ:072-976-3431