平成24年度 柏原市監査実施

2014年8月19日 (監査委員事務局)

平成24年度 監査方針

柏原市の市長部局から自立した機関として、市民の視点も踏まえて、柏原市が取り組む行財政健全化戦略及び第4次総合計画を推進するため、昨年度と同様に行財政改革推進担当課と連携を取り「事務事業評価」等の情報を共有して、個々の事務事業が法令等に抵触せず、適正に執行されているかどうかという視点に立った合規性、適法性はもとより、中長期的視点に立った「まちづくりビジョン」や「財政健全化計画」と連動した経済性(Economy)、効率性(Efficiency)、有効性(Effectiveness)を追求する、いわゆる3E重視の監査を引き続き行ってまいります。

平成24年度 柏原市監査計画書 (PDF 37.6KB)

 

監査日程

平成24年度 監査実施日程表

 

  例月出納検査 決算審査 財政健全化等審査 定期行政監査 随時監査
4月 5月1日(火)        
5月

28日(月)

       
6月 26日(火)        
7月 22日(水) 30日水道事業会計・病院事業会計 30日水道事業会計・病院事業会計  17日学校・園  
8月 26日(水) 6日~8日
一般会計・特別会計
6日~8日
一般会計・特別会計
   
9月 28日(月)        
10月 29日(木)        
11月 25日(水)        
12月 24日(木)        
1月 26日(火)        
2月 25日(木)        
3月 31日(予定)     13日議会事務局  

 

平成23年度決算審査

一般会計
審査に付された決算書及び付属書類は、計数的に正確であり、政令で定める書類、その他の証書類も適正に整備されていた。
また、予算の執行状況についても全般的に妥当であると認められた。
 
公営企業会計
審査に付された各事業会計の決算及び決算付属書類は、いずれも地方公営企業法その他関係法令に準拠し作成されている。また、計数は正確であり、かつ、当年度における企業の経営成績及び財政状況をおおむね適正に表示しているものと認められた。

○病院事業会計
前年度に引き続き黒字となっているが、これは、前年同様一般会計からの繰り入れによるもので、厳しい財政状況に変わりはない。
市民の健康を守る安心の砦としての役割を果たしながら、かつ市の財政に悪影響を与えることのない範囲で、持続可能な経営ができる事業体質への改善を強く要望する。

○水道事業会計
8年連続の黒字となったが、人口減少や節水意識の高まりにより、事業収益は減少を続けている一方、経費の面では、減価償却費や修繕費など、耐用年数の経過と共に増加が避けられないことから、近い将来には、黒字経営の維持が困難になると予測される。
したがって、事業管理者を筆頭に職員一同は、各種事務事業の点検・見直しを行い、一層の健全経営に努められるよう要望する。

※詳細は、「決算審査意見書並びに財政健全化審査意見書」(PDFファイル 1.09MB)をご覧ください。

 

 

定期・行政監査

○学校・園
公金の取扱いについては、概ね適正であると認められた。しかし準公金(学校徴収金)の取扱いについては、使途基準等が明確でないため、学校(園)毎に独自の管理運営が行われており、一部に不適正と思われる支出が見受けられた。
準公金に関して、統一の管理運営方法や使途基準を作成され、適正な運用に努められたい。

※詳細は、「監査意見書」(PDFファイル 18KB)をご覧ください。

○議会事務局(政務調査費・費用弁償・議長交際費)
公金の取扱いについては、概ね適正であると認められた。しかし、政務調査費について、市民のニーズや昨今のデジタル機器の技術からすれば、内規等が古くなってきており、経済性・効率性・有効性の観点からすると、不適切と思われる支出が見受けられた。
今後、より経済的かつ効率的で有効な政務調査等を実施し、市民福祉の向上と本市の発展により貢献されるよう望むものである。

※詳細は、「監査意見書」(PDFファイル 28KB)をご覧ください。

お問い合わせ

監査委員事務局
電話:072-973-2782