平成21年度 柏原市監査実施・計画

2014年8月19日 (監査委員事務局)

監査日程(予定)

平成21年度 監査実施日程表(予定表)

 

  例月出納検査 決算審査 財政健全化等審査 定期行政監査 随時監査
4月 24日(金)        
5月 25日(月)        
6月 25日(木) 29日病院事業会計 29日    
7月 22日(水) 1日水道事業会計 1日    
8月 26日(水)        
9月 28日(月)  4日、7日、8日
一般会計・特別会計
4日    
10月 29日(木)        
11月 25日(水)        
12月 24日(木)        
1月 26日(火)     27日危機管理室、高齢介護課  
2月 25日(木)     23日柏原小学校、玉手中学校  
3月 31日(予定)        

 

平成20年度 決算審査

 一般会計
審査に付された決算書及び付属書類は、計数的に正確であり、政令で定める書類、その他の証書類も適正に整備されていた。
また、予算の執行状況についても全般的に妥当であると認められた。

公営企業会計
審査に付された各事業会計の決算及び決算付属書類は、いずれも地方公営企業法その他関係法令に準拠し作成されている。また、計数は正確であり、かつ、当年度における企業の経営成績及び財政状況をおおむね適正に表示しているものと認められた。

○病院事業会計
当年度の市立柏原病院事業会計の決算は、前年度に比べ赤字が縮小されたものの依然厳しい状況である。現在、国の指示による「公立病院改善ガイドライン」に基づき「市立柏原病院改革プラン」を作成され、毎年の目標値を設定されたところであるが、各項目の目標値をクリアするためには、かなり高いハードルが待ち受けていることが予想されるため、病院職員だけでなく本市の全職員はもとより、全市民の協力と理解を得て、実現されるよう強く望むものである。
 
○水道事業会計
近年の人口漸減傾向に加え、平成20年9月のリーマン・ショックに端を発した世界的な不況の中で、本市においても節水意識が強まり、使用水量が前年度に引き続き減少し減収となったが、黒字幅は縮小したものの、5年連続の黒字決算となった。今後も使用水量の減が続くものと思われるが、水道水の安全かつ安定供給を維持するため、平成20年度に策定された「柏原市水道ビジョン」の理念に基づき中期事業計画を策定され、限られた財源と人員を最大限に活用されることを要望します。
 
※詳細は、「決算審査意見書並びに財政健全化審査意見書」(PDFファイル 425KB)をご覧ください。


 
定期行政監査(危機管理室・高齢介護課)


監査の執行にあたっては、対象期間中における財務に関する事務が関係法令等に従って適正に執行され、かつ、経済性にも配慮されているか。また、財務に関する事務以外の事務においても、適法で効率的に執行されているかを、諸帳簿等の関係書類で審査を行い、担当職員から各項目について聴取するなどの方法により実施し、概ね適正であると認められた。

危機管理室
危機管理室の業務は広範囲にわたっており、現在の職員数と予算で全てをカバーすることは極めて非現実的と考えます。従って当市の地域特性を勘案し、起こりうる可能性の高いリスクを対象に体制を整え、常日頃から実践的に対処されるよう要望いたします。

高齢介護課
人が健康で明るい老後を望むことは必然で、高齢社会を向かえた現在、その要望は多岐にわたっており、種々の事業に日々努力されていることが、本監査に提出された資料から読み取れます。一方、世界的な不況の中で本市も市民税等の税収が大幅な減となり財政難が続くものと思われ、新たな手法等による事業改革が求められています。

※詳細は、「意見書」(PDFファイル 15.9KB)をご覧下さい。

お問い合わせ

監査委員事務局
電話:072-973-2782