監査委員とは

2014年8月19日 (監査委員事務局)

監査委員の役割

 監査委員は、市長部局から独立した機関(監査委員は、市長の指揮監督を受けず独立した立場で職務を行います。)で、いわゆる行政委員会の一つです(地方自治法第195条第1項)。
 その職務は主に、地方公共団体の財務に関する事務の執行及び経営に係る事業の管理について、関係法令や予算に基づき適正に行われているかどうかを主眼として監査を実施することですが、最少の経費で最大の効果を挙げているか、組織及び運営の合理化に努めているか、などもの点にも特に注意する必要があります(法第199条第1項、第3項)。

 

監査委員の構成

 監査委員の定数は、柏原市では2名で、人格が高潔で、地方公共団体の財務管理、事業の経営管理その他行政運営に関し優れた識見を有する者から選出される委員と、議会から選出される委員とで構成されています。(法第196条第1項)。

 

 

柏原市監査委員(平成29年2月2日現在)

代表監査委員 裏野 榮士(うらの ひでし) 税理士
監査委員 乾 一(いぬい はじめ) 市議会議員

お問い合わせ

監査委員事務局
電話:072-973-2782