水道事業のしくみ

2014年8月22日 (経営総務課)

独立採算制

 水道施設の整備・維持につとめており、これらに必要な経費の大部分は、皆様からお支払いいただいている水道料金によりまかなっております。これは、水道事業の経営は、地方公営企業法という法律によって独立採算制となっているためです。

水道施設を造る

 水道は、水源から水を取り入れて、安全で良質な水を各家庭に送るために、浄水場・配水池・ポンプ場・配水管を必要とします。
 必要な水をつねに送り続けるには、水道施設の建設、改良、維持管理に多額の費用が必要となります。この費用のほとんどは、国からの借入金でまかなっていますので、元金に利息をつけて返済しながら、水道事業の健全な運営に努めております。

 

健全経営に努めています


 水道事業では、経費の節減など経営の合理化に努めています。

お問い合わせ

経営総務課
電話:072-972-1645