国際友好都市 中国河南省新郷市

2014年8月21日 (まちの魅力づくり課)

友好都市提携について

柏原市と新郷市は、平成2年9月に友好都市提携しました。 両市民が相互理解を深めながら友好関係と発展を図り、 国際親善に寄与することを目的として昭和60年から友好交流を進めています。

新郷市とは

新郷市は、黄河中流域の北岸に位置する都市で、総面積は約8,000平方キロメートル。 このうち市の中心となる「市区」の面積は約187平方キロメートル、総人口は約550万人を数えます。北京から南へ約600キロ。河南省の省都・鄭州からは、黄河をはさんで、北へ約70キロ。

歴史、見どころ

新郷市のある一帯は、いわゆる「中原に鹿をおう」地域で、大変古い歴史を持っています。 中国古代文明発祥の地です。紀元前11世紀に殷の紂王と周の武王が戦った「牧野の戦い」の古戦場も新郷市内にあります。

       
「牧野の戦い」は周武王が殷(商)の紂王
を敗った戦い。紂王が鹿台に登って自殺し、
殷は滅亡、周が建国されました。(商亡周興)
比干廟は「林」姓の中国人、すべての先祖、
比干の墓です。比干は紂王の叔父で、紂王を
いさめたため、紂王に殺された人物。「殷鑑
遠からず」は、比干の言葉です。
明の神宗・萬暦帝の唯一の弟・ろ簡王と
その妃・趙氏の墓。1615年に建設、総面
積約15万平方メートル。
百泉風景区
紀元前から知られる名泉で、新郷市輝県に
ある景勝地です。

特産品

農業生産物としては、小麦、米、落花生、綿花、トウモロコシ、大豆などが主。他にスイカ、サンザシ、リンゴ、ザクロも有名。 ザクロは新郷市の市の花。工業は、紡績のほか、機械電子工業、建材工業など。

アクセス

北京から新郷まで特急で約8時間。北京から鄭州まで飛行機で約1時間、鄭州市区内から新郷市区内まで車で1時間半。

 

お問い合わせ

産業振興課
電話:072-972-1554