川をきれいにする小さな工夫

2014年8月9日 (道路水路整備課)

川の汚れの原因の多く家庭から出る「生活排水」です。
水質を良くするために、日常生活でできる工夫をリストにしました。
できることから始めて、毎日の習慣にしていきませんか?
まずは、3日続けたことに「レ」をしましょう

 

食器あらいのときには

食器についた汚れはふきとってから洗いましょう。
食べ残しなどは洗い流さず、三角コーナーに捨てましょう。
排水口や三角コーナーには目の細かい水きりネットをつけ、小まめに取りかえましょう。
食器を洗う洗剤はつけすぎず、できるだけ控えめに使いましょう。

 

 

食事づくりのときには

使い終わった油は新聞紙や古布でふき取り、ゴミとして捨てましょう。
食事は食べられる量だけつくり、食べ残しの出ないようにしましょう。
煮物の汁などは残さないように工夫して使い切りましょう。
米のとぎ汁は流しに流さず、植木などの水やりに使いましょう。

 

おふろでは

石鹸やシャンプーなどを使いすぎないようにしましょう。
浴室・浴槽を洗うときも、洗剤はつけすぎないようにしましょう。
排水口には髪の毛などが流れないようにネットをつけ、小まめに取りかえましょう。

 

洗濯のときには

洗濯機には細かいゴミを流さないよう、くず取りネットをつけましょう。
洗剤は量を計って、使いすぎないようにしましょう。
洗剤(石鹸)は自然にかえりやすいものを使いましょう。

 

その他

下水道が整備されている地域では早期に接続しましょう。
浄化槽をお持ちの方は、定期的に点検を実施しましょう。

 

 

お問い合わせ

道路水路整備課
電話:072-972-1597