老人医療(一部負担金相当額等一部助成)制度

2014年12月31日 (高齢介護課)

柏原市では、65歳以上で、一定の要件を満たす方に「老人医療証」を交付しています。申請をしていただくことで、医療機関等を受診されたときにかかる窓口での一部負担金を助成いたします。

 

対象者

医療証の交付申請について

医療証の取扱いについて

助成内容

医療費の払い戻しについて

変更届の提出について

医療証の返却について

申請書ダウンロード

お問い合わせ先

 

対象者

柏原市内に在住される65歳以上の健康保険加入者の方で、下記の要件1・2ともに該当される方。

 

[要件1]

次の(1)~(5)いずれかに該当すること
(1)障害者医療費助成制度の対象要件を満たす方
・身体障害者手帳の程度が1級または2級に該当された方
・療育手帳の程度が重度(A)であると判定された方
・療育手帳の程度が中度(B1)かつ身体障害者手帳を所持されている方

 

(2)ひとり親家庭医療費助成制度の受給要件を満たし、満18歳に達した日以降の最初の3月31日までの子のひとり親または養育者の方

 

(3)別表で掲げる疾患のうち、特定医療費(指定難病)受給者証等をお持ちの方

  ※詳細はお問合せください

 

 

 
     

(4)感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律に基づく結核患者の適正医療を受給されている方
『患者票(37条の2)』をお持ちの方)

 

(5)障害者自立支援法施行令第1条第3号に基づく精神通院医療を受給されている方
『自立支援医療受給者証(精神通院)』をお持ちの方)

 

[要件2]

所得制限の基準を下回ること

 

<基準のもととなる所得>

1~6月までの申請・・・前々年度所得

7~12月までの申請・・・前年度所得

 

※所得制限については、お電話または窓口にてご確認ください。

 

医療証の交付申請について

対象者の方は、医療証の交付申請が必要となります。医療費の助成は、原則申請のあった日から受けられます。

 

受付場所

:柏原市役所 高齢介護課 高齢者医療係

 (市役所本庁1階22番窓口)

申請に必要なもの

:・健康保険証、または後期高齢者医療被保険者証

 ・申請者の印鑑(認め印)

 ・対象であることを証明する手帳及び受給者証等

  身体障害手帳、自立支援医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証等

 

※柏原市外から転入された方は、対象者本人の所得証明書が必要となります。

 1~6月までの転入・・・前年1月1日時点の住所地で発行された所得証明書(前々年の所得)

 7月~12月までの転入・・・その年の1月1日時点の住所地で発行された所得証明書(前年中の所得)

 

医療証の取扱いについて

医療機関などの窓口では、老人医療証と健康保険証を提示してください。 また、他の公費助成制度で証の交付を受けている場合は、そちらもあわせて医療機関の窓口へ提示してください。(他の公費助成制度・・・「特定疾病療養受療証」、「特定疾患医療受給者証」など)

 

なお、大阪府以外の医療機関ではお使いできないため、市役所窓口で払い戻しのお手続きが必要です。
※払い戻しの申請については、こちら

 

助成内容

○1つの医療機関につき、1日500円(月2日限度)までの負担となります。
 →1日の保険診療自己負担金が500円以上のときは500円を、500円未満のときはその金額の負担が必要です。

 

○同一の医療機関でも、「入院と外来」、「歯科と医科(歯科以外)」は別扱いになるため、それぞれに負担が必要です。

 

○1ヶ月あたりの負担限度額は「2,500円」です。
  ※2,500円を超えた場合の払い戻しの申請については、こちら

 

○調剤薬局の窓口での負担はありません。

 

【助成対象ならないもの】診断書等の文書料、薬の容器代、指定訪問看護、入院時の食事療養費、差額ベッド代、病衣・おむつ代、予防接種、健康診断、往診の車代など

 

医療費の払い戻しについて

次のような場合は、申請していただきますと医療費の払い戻しを受けることができます。

  1. 大阪府外で受診されたとき
  2. 1ヶ月あたりの一部自己負担金の合計が、2,500円を超えたとき
  3. 治療用装具(サポーター、コルセット等)の支払いをしたとき  ※「医師の意見書および装着証明書」(コピー可)が必要
  4. 医療証の申請をしてから交付までの間に、一部自己負担金を支払ったとき
  5. 急病など、やむを得ない事情で医療機関に医療証を提示できなかったとき

 

受付場所

:柏原市役所 高齢介護課 高齢者医療係

 (市役所本庁1階22番窓口)

申請に必要なもの

:・健康保険証、または後期高齢者医療被保険者証

 ・老人医療証 

 ・申請者の印鑑(認め印可)

 ・費用を支払った領収書(日数、費用額、点数等がわかるもの)

 ・口座番号がわかるもの

 

 社会保険加入の方は、健康保険組合等から発行される高額療養費の支給決定通知書の添付が必要です。
 ※治療用補装具の払い戻しの方は、「医師の意見書および装着証明書」(コピー可)が必要です。

 

変更届の提出について

次のような場合は、市役所窓口22番にて変更届のご提出をお願いします。

  • 氏名が変わったとき
  • 市内での住所がかわったとき
  • 加入している健康保険や内容がかわったとき(保健種別、記号番号等)

 

 医療証の返却について

次のような場合は、市役所へ医療証を返却してください。返却は、お近くの出張所や市民サービスコーナーなどでも結構です。

  • 市外へ転出したとき
  • 死亡したとき
  • 健康保険の資格がなくなったとき
  • 生活保護を受けるようになったとき

[注意事項] 資格喪失後に医療証を使用された場合、医療費を返還していただきますので、ご注意ください。

 

申請書ダウンロード

 

お問い合わせ先

柏原市 高齢介護課 高齢者医療係(市役所本庁1階22番窓口)

[TEL]

072-972-1580(直通)

072-972-1501(代表)

[FAX] 072-970-3081