市議会のしくみ

2017年10月6日 (議会事務局)

会議の開催

市議会は、毎年3月、6月、9月、12月に開かれることになっています。これを「定例会」といいます。1定例会の会期はおよそ1カ月にわたります。
そのほか、必要のあるとき、特定の案件に限ってこれを審議するために招集される会議として「臨時会」があります。
会期とは、議会が会議を行う期間をいいます。1定例会に本会議は通常4~6日開催されます。

 

本会議と委員会

本会議

議員全員が議場に集まって会議を行うのが「本会議」です。
本会議では、まず議会に提案される議案の説明が行われます。次に、議案や市政一般に対して各議員が質問を行います。

このようなやり取りの後、最終的に「採決」が行われます。

 

委員会

議会の最終的な意思決定は本会議で行われますが、この本会議で議決する前の審査機関として委員会が設けられています。 このような委員会制度を設けるのは、市の仕事の範囲が広く、その内容も複雑となっているため、少人数で専門的に審査を行った方が能率もよく、より深く論議できるからです。

 

委員会には、常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会があります。
柏原市議会では常任委員会が2つあり、市の仕事を大きく2つに分けて、関係する議案や請願・陳情などを審査します。
議会運営委員会は、議会が公正かつ円滑に運営されるように話し合いを行い、議長の諮問に応じるほか、関係する議案や請願・陳情などを審査します。
また、特別委員会は、必要に応じて設けられます。

 

○常任委員会

 総務産業委員会:8名

 厚生文教委員会:8名

 

○議会運営委員会:6名

 

○特別委員会

 交通対策特別委員会:7名

 議会活性化特別委員会:7名

 

<注>各委員会の人数は定数

お問い合わせ

議会事務局
電話:0729-72-1501