ポイ捨て禁止条例

2014年4月1日 (環境対策課)

ポイ捨て禁止条例について

柏原市では、環境美化を推進し清潔で美しいまちづくりを目指して、平成17年12月1日より「犬のふんの放置やごみ等のポイ捨てを禁止する条例」を施行しました。

よくある質問と回答

条例の適用を受けるのは誰ですか?

柏原市にお住まいの方、勤務されている方、滞在されている方、在学されている方、市内を通過される方、犬の飼い主の方などに適用されます。

犬のふんやごみなどをポイ捨てしたらだめな場所は道路だけですか?

道路だけでなく、公園・広場・公共の駐車場や河川・溝など、みんなが利用する場所が対象となります。

公園で犬の散歩をする時、犬のふんは、ゴミかごに捨ててよいのですか?

公園は多くの人が利用する場所です。他の人の迷惑になりますので、まず公園での散歩は控えましょう。

また、公園のゴミかごに犬のふんを捨てるのは、衛生上、悪臭の元になりますので、犬のふんは必ず自宅へ持ち帰りましょう。

空き缶、空きビン、ペットボトルは、どこに持って行けば、よいのですか?

空きビンは、買ったお店に引き取ってもらい、リユースしましょう。また、空き缶は、資源ごみとして出してください。

また、ペットボトルは市内の回収ボックス設置場所へ出してください。リサイクルのご協力をお願いします。

違反した場合、何か罰則を受けるのですか?

過料(2万円以下)の規定があります。

お問い合わせ

環境対策課
電話:072-972-1534