非自発的な失業に伴う国民健康保険料の軽減について

2014年5月8日 (保険年金課)

非自発的な失業に伴う国民健康保険料の軽減について

 

国民健康保険料は前年の所得などにより計算されますが、倒産・解雇や雇い止めなどによる離職(雇用保険の特定受給資格者及び特定理由離職者)の場合、国民健康保険料の軽減を受けることができます。
軽減につきましては、前年の給与所得を100分の30とみなして行います。なお、軽減を受けられる場合は届出が必要となりますので、印鑑と雇用保険受給資格者証をご持参のうえ保険年金課保険料係(10番窓口)までお越しください。
対象となる離職理由は下記の表のとおりです。雇用保険受給資格者証にてご確認ください。

また、軽減の期間は離職日の翌日から翌年度末までとなります。

詳しくは、保険年金課保険料係(972-1506)まで。

 

特定受給資格者に対応する離職理由コード
11 解雇
12 天災等の理由により事業の継続が不可能になったことによる解雇
21 雇止め(雇用期間3年以上雇止め通知あり)
22 雇止め(雇用期間3年未満更新明示あり)
31 事業主からの働きかけによる正当な理由のある自己都合退職
32 事業所移転等に伴う正当な理由のある自己都合退職
 
特定理由離職者に対応する離職理由コード
23 雇止め(雇用期間3年未満更新明示なし)
33 正当な理由のある自己都合退職
34 正当な理由のある自己都合退職(被保険者期間12ヶ月未満)

お問い合わせ

保険年金課
電話:072-972-1506