療養費の支給

2014年5月2日 (保険年金課)

次のようなときは、いったん医療費を全額自己負担しても、後日申請をし、認められれば医療費の一部が払い戻されます。(場合によっては払い戻しができないものもありますので、詳細は保険年金課にお問い合わせください。)

 

  • 旅行中の急病などで、やむをえず国民健康保険の取り扱いをしていない医療機関にかかったときや、保険証をもたずに診療を受けたとき
  • 骨折等により柔道整復師で施術を受けたとき(医療保険を取り扱っていない場合)
  • あんま・はり・灸・マッサージなどを受けたとき(保険医の承認があった場合)
  • 生血を輸血したとき(親族以外に限る)
  • 海外で治療を受けたとき

お問い合わせ

保険年金課
電話:072-972-1505