「公的個人認証サービス」の申請受付を始めました

2014年4月28日 (市民課)

公的個人認証サービスの開始について

「電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律」(「公的個人認証法」)が平成16年1月29日に施行され、公的個人認証サービスが始まりました。

 

公的個人認証サービスとは

今後、さまざまな行政手続きがインターネットを通じてできるようになります。
この際、利用者が安心して手続を行なうためには、なりすまし申請や送信情報の改ざんなどを防止する必要があります。公的個人認証サービスとは、こうした機能を提供するために大阪府が希望する人に電子証明書(紙の印鑑証明にあたるもの)を発行するサービスです。

公的個人認証サービスで利用できる行政手続き
国では、国税の申告(国税庁)や登記・供託オンラインシステムなどがあります。詳しくは、こちらをご覧ください。→公的個人認証サービスについて(大阪府サイト) 

電子証明書の手続き

柏原市の住民基本台帳に登録されている方で、電子証明書の発行を希望する方が対象となります。  

申請者は原則として本人に限ります。

申請はICカード〔現在は住民基本台帳カード(住基カード)のみ〕を市役所市民課の窓口までご持参ください。
・ 国分出張所、堅上出張所、柏原病院、柏原市玉手浄水場(旧水道局)内、市民サービスコーナーなどの市民課連絡所では、受付できません。
・ 写真なしの住基カードをお持ちの方は、官公署が発行している写真付の本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)の提示を願います。なお、本人確認書類を提示できない場合は交付申請者に照会書を郵送し、照会した文書の回答書をもって交付することになります。
<その他の注意事項> 
・ 有効期間は発行日から3年間ですが、転居、他市町村への転出、死亡など本人確認情報(住所・氏名・生年月日・性別)に変更がある場合は失効となります。
・ 電子申請を行うためには、自宅のパソコンに電子証明書用のソフトのインストールとICカード読みとり装置(ICカードリーダ・ライタ)が必要になります。
・ 電子証明書の発行手数料は、1件500円です。

 


公的個人認証サービスをご利用になるには、住基カードが必要です。
住基カードは、「写真なし」と「写真あり」の2種類で、どちらかの希望するカードを選択することができます。

・ 住基カードの交付手数料は、1件500円です。 

住基カードについては、こちらをご覧ください。(→クリック

お問い合わせ

市民課
電話:072-929-8138,8152