キンボール大会

2016年3月22日 (スポーツ推進課)

キンボールとは?

KIN-BALL(キンボール)は、 直径122cm重さはわずか約1kgのボールです。

メインのキンボール・コンペティションゲームは、このキンボールを使用し、4人1組で構成されたチーム (おのおのピンク、グレー、ブラックに色分けされた3チーム)が13~21m x16~21mのコートサイズ内でヒット(サーブ)やレシーブを繰り返す新しいゲームです。

1.ボールサイズ
巨大で軽量、しかも丈夫でファショナブルなボールは他に類するものが見当たりません。 アドバルーンのように軽く大きなボールを想像して下さい。決して大玉転がしボールと同一視しないでください。

2.3チームでゲームする
通常1対1や2対2(組)が対戦概念ですが、キンボールのメインのコンペティションゲーム は3組12名が同時に競います。ルールを読むだけでは、その楽しいところは理解し難いですが、ビデオや講習を受けプレーを始めれば、すぐに納得できます。   

 

3.必ず声を出して指示
ピンクチームの3名がボールを支え(上記写真参照)もう1名のメンバーがボールをヒット(サーブ)する前に、他チームのブラック又グレーいずれかのチームカラーを、声を出して指定します。この時必ず※「オムニキン」という言葉を相手チームカラーの前に発声します。例えば「オムニキン・ブラック」と発声した後ヒット(サーブ)しなければなりません。(コンペティションゲーム)             

※オムニとは、すべてのという意味。キンはキネスシス(運動感性)の略語。いわば「すべての人が楽しめれるスポーツ」という造語であり、かけ声。  

4.コンセプトスポーツ
他のアレンジスポーツ種目ではなく今の時代に生まれるべくして生まれた、オリジナルでコンセプトのはっきりしたスポーツです。

 


柏原市長杯争奪キンボール大会
~柏原中学校屋内運動場~

お問い合わせ

スポーツ推進課
電話:072-972-1689