風水害~台風や集中豪雨 その時…

2014年1月17日 (危機管理課)

 台風や豪雨の威力は計り知れない反面、事前の対策次第で被害を最小限に抑えることが可能です。
いざというときに備え、日頃から家庭はもちろん、地域ぐるみで対策をとるようにしましょう。


わが家の台風・豪雨対策

 

屋内

・停電に備えて懐中電灯や携帯ラジオ(予備電池を忘れずに)の準備を。
・避難に備えて貴重品など非常持出品の用意を。
・気象情報を注意深く聞く。
・むやみに外出しない。
・断水に備えて飲料水を確保する。
・浸水のおそれがある場所では、家財道具や食料品などの生活用品を高い場所へ移動。
・病人や乳幼児、身体の不自由な人などを安全な場所へ。

雨どい・雨戸

・雨どいに落ち葉や土砂がつまっていないか、継ぎ目のはずれや塗料のはがれ、腐れはないか。
・雨戸にガタツキやゆるみはないか。

屋根

・瓦のひび割れ、はがれはないか。
・トタンのめくれやはがれはないか。

窓ガラス

・ひび割れ、窓枠のがたつきはないか。また、強風による飛来物などに備えて、外側から板で塞ぐなどの処置を。

外壁

・モルタルの壁に亀裂はないか。
・板壁に腐れや浮きはないか。

ブロック塀・板塀

・ブロック塀にひび割れや破損個所はないか。
・板壁にぐらつきや腐れはないか。

ベランダ

・鉢植えや物干し竿など、飛散の危険が高いものは室内へ。

その他

・プロパンガスボンベは転倒防止がなされているか。
・商店などでは看板のぐらつきにも注意。
・庭の鉢植えに注意。
・テレビアンテナの設置状況をチェック。

正しい情報の収集を!

・気象情報を正確に入手し、早めの対策で、台風・豪雨の被害を小さくできます。

 

 

関連情報

気象庁HP

柏原市指定緊急避難場所・指定避難所一覧

お問い合わせ

危機管理課
電話:072-972-1529