職員インタビュー (平成22・23年度採用職員)

2014年4月24日 (人事課)

職員インタビュー

若手職員からの熱いメッセージをご紹介します。

 

~平成22・23年度 採用職員~

落合 紘之 健康福祉部 福祉指導監査課  中島 萌 健康福祉部 こども課
山口 晶子 健康福祉部 健康福祉課  松田 雄介 総務部 危機管理課
武部 優一 生涯学習部 社会教育課  金田 彩矢香 財務部 課税課
石田 実加子 市民部 市民課  平山 寿樹 都市整備部 都市計画課
中山 賀惠 上下水道部 下水工務課    

 


柏原市を志望したきっかけは何ですか?

市民に最も近い行政である市役所の業務に興味があり、柏原市は、行政サービス調査において、市民参加度が全国で上位になるなど、市民参加・協働のまちづくりが推進されていることを知り、魅力を感じ、柏原市を志望しました。

 

現在の職務内容について教えてください

介護保険サービス事業者の指定・指導、障がい福祉サービス事業者の指定等、保育所の指導・監査等を担当する課に所属しています。私自身は主に、介護保険サービス関係を担当しており、新規で介護保険サービスの事業所を開始するときの申請受付などをしています。

 

実際に柏原市の職員になって感じたことは?

市役所の業務は事務作業が多いと思っていましたが、実際に働いてみると幅広い分野があり、人と接することが多いです。また、担当業務以外の部署と関わることも多く、関連する知識も必要だと感じました。

 

これまで仕事上で一番つらかったことは何ですか?

窓口や電話で質問があったときに、知識不足のためすぐに回答することができなかったときは申し訳ない気持ちになります。

 

ご自身の今後の目標を聞かせてください

担当業務はもちろんですが、それ以外にも知識を増やして問合せ等に対して分かりやすい説明をしていきたいと思います。

 

未来の後輩へ一言お願いします

柏原市職員となって実際に業務に携わっていると、チームで業務を遂行しているということが感じられます。チームの一員として一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

ページの先頭へ


柏原市を志望したきっかけは何ですか?

生まれ育った所であるということと、柏原市の豊かな自然の中でのびのびとした保育ができたらいいなと思ったからです。

 

現在の職務内容について教えてください

1歳児クラスの担任をしています。園庭遊びや室内遊び、絵画制作、お散歩に出かけるなど子ども達と一緒に楽しく遊んだりすることはもちろん、子ども一人ひとりにあった保育を考え関わり、日々成長を見守っています。保育以外にも月週案やカリキュラム、おたよりを書いたり、保護者の方々との関わりを大切にし、安心して大切なお子様を預けて頂けるよう努めています。

 

実際に柏原市の職員になって感じたことは?

保育の中で自然や生き物に沢山触れることができ、保育所の子ども達はいつも良い経験ができているなと感じました。また、ベテランの先生が沢山いらっしゃるので、保育を見せていただいたりアドバイスをいただきながら保育を学べ、相談しやすい環境の大切さを感じています。

 

これまで仕事上で一番つらかったことは何ですか?

自分の勉強不足、経験不足から思うように保育ができず、先輩の先生方に迷惑をかけてしまったり、子ども達や保護者にとっても満足してもらえるような仕事ができなかったことです。

 

ご自身の今後の目標を聞かせてください

日々の仕事ばかりにとらわれるのではなく一年を通して見通しをたて、子ども達にとってより良い保育ができるようにしていきたいです。また、必要な知識を学び、保育の質の向上を目指していきたいと思います。

 

未来の後輩へ一言お願いします

職務内容は様々ですが、事務職・専門職それぞれ柏原市に携わる大切な仕事で、責任がある分とてもやりがいがあると思います。柏原市がより良いまちになるよう、一緒に頑張っていきましょう!!

ページの先頭へ


柏原市を志望したきっかけは何ですか?

私は、生まれも育ちも柏原市で、今も柏原市の住民であり、柏原市が大好きです。保健師として、大好きな柏原市の住民さんが健康に暮らせるよう、地域の健康をサポートしたいと思い、志望しました。

 

現在の職務内容について教えてください

市役所から少し離れた健康福祉センター(オアシス)で、赤ちゃんから高齢者まで幅広い年齢の方を対象に、仕事をしています。主に担当しているのは母子保健で、乳幼児の家庭を訪問したり、乳幼児健診を行ったり、育児に関する相談を受けたり、教室の運営を行ったり、様々な事業に関わっています。

 

実際に柏原市の職員になって感じたことは?

柏原市の職員となり、尊敬できる先輩方や様々な専門職の方や事務職の方と仕事ができ、地域の住民さんに出会い、いつも成長させてもらっていると感じています。私自身、保健師として、行政職の一員として、日々、努力していかなければと思います。

 

これまで仕事上で一番つらかったことは何ですか?

人と関わる仕事なので、対象者と信頼関係が構築できず、保健指導がうまくいかない時もあります。そういう時は、自分の未熟さを痛感する一方で、成長するチャンスと思い、先輩方にアドバイスをもらいながら、対象者と時に一緒に悩み、共に歩む姿勢を心掛けています。

 

ご自身の今後の目標を聞かせてください

保健師として、行政職の一員として、まだまだ未熟だと自覚しているので、先輩方を目標に、一歩ずつ一歩ずつ、経験と勉強を積み重ねていきたいと思います。

 

未来の後輩へ一言お願いします

社会情勢の変化や市民の健康ニーズの高まりにより、保健師への期待は高まる一方です。時に大変なこともありますが、柏原市には頼りになる先輩方がいつでもサポートしてくれます。ぜひ、一緒に、みんなが健康に過ごせる町を創っていきましょう。

ページの先頭へ


柏原市を志望したきっかけは何ですか?

生まれ育った馴染みのある柏原市の発展に様々な分野で貢献したいと思い志望しました。

 

現在の職務内容について教えてください

東日本大震災の発生直後に当課に配属されたことから、防災関係機関、また柏原市消防団や自主防災組織と協働して防災啓発を推進したり、自然災害を防ぐために柏原市地域防災計画を軸に、柏原市の各部局や防災関係機関と連携し、災害対策の立案及び防災訓練を実施したりしています。

 

実際に柏原市の職員になって感じたことは?

災害時の情報収集手段や柏原市の土砂災害警戒区域等記載された柏原市ハザードマップについてなど防災に関する問い合わせを数多くいただき、震災以降、市民の皆様の防災意識の高さに気付き、防災担当部局の職員として責任の重さを感じています。

 

これまで仕事上で一番つらかったことは何ですか?

気象警報発令等の緊急時には、配備体制を敷くため、ただちに職場へ参集し、被害報告等の情報収集や各部局との調整及び災害対策本部立ち上げの検討等を行うため、夜間・休日を問わず出勤できるように緊張感を持続したまま日々生活する必要があることです。

 

ご自身の今後の目標を聞かせてください

市民の皆様と行政の協働により、災害から市民の皆様の安全が守られている柏原市の実現に向け、防災訓練等を通じ自主防災組織の育成、更には、柏原市地域防災計画の見直しにつきましても、積極的に取り組んでいきたいと考えています。

 

未来の後輩へ一言お願いします

柏原市職員を目指されている方は、柏原市の発展のために働きたいという意欲を持っておられると思います。是非、柏原市発展のために頑張ってください。

ページの先頭へ


柏原市を志望したきっかけは何ですか?

私は柏原の豊かな自然と、地域の方の温かい支援の中で育ってきました。柏原をもっと良くしていくために、誰もが住みたいと感じるまちを作っていきたいと思うようになり、柏原市を志望しました。

 

現在の職務内容について教えてください

こども会育成連絡協議会、リーダー指導者会という2つの社会教育団体の事務を主に担当しております。具体的には、各会議の開催、事業や活動への支援等の業務を行っています。

 

実際に柏原市の職員になって感じたことは?

市役所の仕事は書類や窓口の仕事をするものだと思っていました。でも実際は現場に出て作業をしたり、調査したりと多岐にわたる業務があり、最初は戸惑いましたが、いろいろな経験を通じて考えさせられることもあり、日々勉強が必要だと感じています。

 

これまで仕事上で一番つらかったことは何ですか?

人と関わる仕事が特に多い業務なので、相手の方に言いたいことを上手く伝えられず、迷惑をかけてしまい、自分のコミュニケーション能力のなさを感じた時が一番つらかったです。

 

これからの仕事での自分自身の目標は何ですか?

採用されてから約一年半が経ちますが、まだまだ知識不足で勉強することがたくさんあります。疑問に感じたことはそのままにせず、先輩や上司に助言をもらい、しっかり考えて行動できる職員になりたいです。

 

未来の後輩へ一言お願いします

市役所にはいろいろな部署があるため、様々な仕事をする機会があると思います。そのためには、様々なことに興味や関心を持ち続けることが何よりも大切なことだと思います。柏原市をよくするために頑張って下さい。

ページの先頭へ


柏原市を志望したきっかけは何ですか?

生まれ育った柏原市で「何か人の役に立てる仕事がしたい」「より柏原を住みやすいまちにするための仕事に関わりたい」と思い、志望しました。

 

現在の職務の内容について教えてください

配属された資産税係では主に土地・家屋・償却資産からなる固定資産税の課税業務、税務証明の発行等を行っており、その中で私は、家屋と償却資産を担当しています。

家屋の課税業務では、主に家屋評価のために現場へ出て新築建物の調査や、窓口等で納税義務者の方への課税説明を行います。償却資産の課税業務としては、市へ提出された申告内容が正しいかどうか確定申告書と照合・確認を行い、必要に応じ申告訂正をお願いします。

 

実際に柏原市の職員になって感じたことは?

窓口や電話での対応をしている中で、たとえ小さなことでも自分の言動ひとつひとつが「市役所」全体の印象に繋がるということです。また市の職員として働きはじめてから、改めて市が携わっている業務の幅広さにも驚きました。

 

これまで仕事上で一番つらかったことは何ですか?

窓口で思うように説明ができず、市民の方や先輩方に迷惑をかけてしまった時が一番つらかったです。

 

ご自身の今後の目標を聞かせてください

現在担当している業務の性質上、地方税法に関する知識はもちろんのこと、家屋評価のための建物に関する知識、減価償却に関する国税の知識など広く深い知識が求められます。今以上に様々な知識を習得し、日々の業務に生かしていきたいです。

 

未来の後輩へ一言お願いします

市役所での職務内容は様々で最初は戸惑うことも多いと思いますが、幅広い分野から「市民の方々の生活を支える」「まちづくりに携わる」という、責任がある一方でとてもやりがいのある仕事ばかりだと思います。 柏原市をより魅力的なまちにするために、一緒に頑張りましょう。

ページの先頭へ


柏原市を志望したきっかけは何ですか?

柏原市のまちづくりに携わりたいと思ったからです。

 

現在の職務の内容について教えてください

市が所有する施設の営繕業務。具体的には学校校舎の耐震化や施設の老朽部分の改修工事の設計・監理をしています。

 

実際に柏原市の職員になって感じたことは?

市民が利用する施設の工事をするので、市民の目や声がより身近に感じます。また、テレビや新聞で取り上げられている行政の問題が今まで以上に身近な問題と感じるようになりました。

 

これまで仕事上で一番つらかったことは何ですか?

自分自身の力不足を痛感した時です。不安な事、分からない事は、周りの先輩・上司の方々から意見を聞き問題に取り組むようにしています。

 

ご自身の今後の目標を聞かせてください

費用対効果を念頭に置いた営繕業務を心がけて業務に取り組み、専門職という枠にとらわれず、行政職員としての知識を身につけていきたいです。

 

未来の後輩へ一言お願いします

仕事をしていくと、分からない事や失敗する事は必ずあります。周りの方々の力を借りていけば乗り越えられる事ができ、やりがいを感じる事が出来ると思います。

ページの先頭へ


 

柏原市を志望したきっかけは何ですか?

私は地域に密着して人々の暮らしを支える仕事に興味がありました。柏原市は人々がふれあう場所を身近に設けているまちであると、柏原駅付近のアクアロードなどから感じ取れました。そこで本市で市民の方々のふれあいを大切にした、あたたかいまちづくりに貢献したいと思いました。

 

現在の職務の内容について教えてください

主な仕事は、住所変更、出生や婚姻による情報を住民基本台帳(住基)に入力することです。こちらで入力した情報を基に各業務が作業をするため、慎重に行わなければなりません。その他に、電話応対や住民票・戸籍謄本などの証明発行、住民異動届や印鑑登録の受け付けなど窓口にも出るため、市民の方と接する機会はたくさんあります。

 

実際に柏原市の職員になって感じたことは?

市民のために働くという意識から、1件1件を大切に考えるということが身についたと感じます。自分が市民の方に説明したことに満足できず不十分だと思った時は、どのように対応すればよかったのかよく反省し、気になることがあれば納得がいくまで考えるようにしています。その中で周りの方々にアドバイスを頂くことも大切にしています。

 

これまで仕事上で一番つらかったことは何ですか?

自分の担当している仕事に対する知識の無さを感じた時です。分からなければいつでも誰かに教えてもらえるというわけではありません。そのような時すぐに自分で判断できず、その結果市民の方をお待たせしてしまうことがつらいです。

 

ご自身の今後の目標を聞かせてください

信頼される人になることです。そのために担当分野の勉強や、詳しい方に話を聞くことで知識を増やし、自分の仕事の専門性を高めることに努めます。それだけでなく幅広く仕事を覚えていきたいです。さらに、いつも笑顔を絶やさず、思いやりを持って人に接することを大切にしていきたいです。

未来の後輩へ一言お願いします

市役所では職員や市民の方などたくさんの人と接し、仕事は協力し合って行います。その中で自分がどのように行動するべきなのか考え、助け合いの心と向上心を持って働くことが大切だと思います。みなさんが手と手を取り合うあたたかいまちになるように一緒に頑張りましょう。

ページの先頭へ


 

柏原市を志望したきっかけは何ですか?

以前に訪れた際に、実家のまちと似ていたからです。

 

現在の職務の内容について教えてください

公共下水道工事の実施設計、事前調査、事前協議等を担当しています。

 

実際に柏原市の職員になって感じたことは?

事前に聞いていましたが、土木職の職場は男性職員ばかりです(笑) 正直、もっと不安を感じていましたが、丁寧に教えていただいています。

 

これまで仕事上で一番つらかったことは何ですか?

私の不手際や不注意が工事工程に影響してしまったときです。

ご自身の今後の目標を聞かせてください今は目の前の作業でいっぱいになってしまっている状態だと思っています。個人としての知識や経験を積むことももちろんですが、計画的に、時には臨機応変に、仕事に向き合えることが目標です。 

 

未来の後輩へ一言お願いします

私は、民間経験がありますが、以前と「仕事」への向き合い方は変わらないように思います。柏原市では、日々、学ぶことがあり充実した業務を行っています。その分、内容も濃く、責任も重いものだと感じます。やるきのある方、一緒にがんばりましょう!

ページの先頭へ

お問い合わせ

人事課
電話:072-971-5196