子どもの医療費助成

2016年9月26日 (こども政策課)

柏原市ではお子様の健やかな成長を願って医療費の助成を行っています。
対象者は、定められた範囲において医療費の助成を受けることができます。
所得制限はございません。内容は以下のとおりです。

●こども医療費助成の年齢拡大について(中学生の通院医療費助成は平成28年10月1日から)

 平成28年10月1日診療分から通院医療費助成の対象年齢が小学校6年生から中学校3年生まで拡大されます。これにより手続きが必要な方には申請書類を送付しております。

●対象者

柏原市内に住所があり、各種健康保険に加入している0歳から15歳に達した日以後の最初の3月末(中学校卒業)までの児童。
  ただし、次に該当する方は対象外となります。

    1.生活保護を受給中の方
    2.児童福祉法に基づく措置による医療費の支給を受けている方
    3.障害者医療福祉助成制度による医療費の支給を受けている方
    4.ひとり親家庭医療費助成制度による医療費の支給を受けている方

○医療証交付手続き等について

(1)新たに対象となる中学校1年生~3年生の方

 受給するには交付申請が必要です。(下段の「●医療証の申請」をご参照ください。)

 ※過去に柏原市でこども医療証をお持ちであった方は、市で受給資格を確認の上、医療証を送付いたします。また、申請が10月を過ぎた場合でも、10月1日以降受診分まで遡って医療費の償還払いが可能です。

(2)既にこども医療証をお持ちの方

 平成28年9月下旬に新しい医療証(有効期間が中学校3年生まで延びたもの)を個別に送付します。

 ※医療証の交付申請など、改めてのお手続きは必要ありません。 

 今回の 助成拡大についてはこちらをご覧ください。

 

 

 ●平成28年9月30日まで

こどもの入院・通院医療費助成

「小学生の通院医療費助成は
平成26年10月診療分から」
 

中学生の入院医療費助成

「平成25年8月診療分から」

  

こどもの入院・通院医療費助成(小学生の通院医療費助成は平成26年10月診療分から)

 

●対象者

 柏原市内に住所があり、各種健康保険に加入している0歳から12歳に達した日以後の最初の3月末(小学校卒業)までの児童。
  ただし、次に該当する方は対象外となります。

    1.生活保護を受給中の方
    2.児童福祉法に基づく措置による医療費の支給を受けている方
    3.障害者医療福祉助成制度による医療費の支給を受けている方
    4.ひとり親家庭医療費助成制度による医療費の支給を受けている方

 

 

●医療証の申請

 助成を受けるためには『こども医療証』が必要です。
 下記のものをご持参のうえ、申請してください。医療証を発行いたします。

 【申請に必要なもの】 
 ・申請書(こども政策課の窓口にございます)
 ・健康保険証(お子様の名前が記載されたもの)
 ・印鑑
 (注)転入の方は、転入前(1月1日時点でお住まい)の市町村が発行する所得証明書
    (1~6月に転入された方は前々年分、7~12月に転入された方は前年分の所得が
    記載されている証明)または源泉徴収票が必要です。

●助成の範囲

医療費(保険適用分)の自己負担分から一部自己負担金を除いた額。
 【一部自己負担金】

   ・一日あたり一人一医療機関ごとに500円までの自己負担が必要です。
  (同一月内2回まで。同一の医療機関であれば3回目以降は無料)。
    ・同一の医療機関でも入院と外来、歯科と歯科以外は別扱いとなりますので、
    それぞれに自己負担が必要です。
    ・処方箋により調剤薬局で薬を受け取る場合(院外処方)、
    薬局でのご負担はありません。
    ・1ヶ月の自己負担上限額は1人2,500円までです。自己負担額が2,500円を超えた
    差額については、払い戻しの申請ができます。

●助成方法

 <大阪府内の医療機関で受診する場合>
  医療機関等で健康保険証とこども医療証を提示してください。

 <大阪府外の医療機関で受診する場合>
  いったん医療費(食事代)をお支払いいただき、受診された翌月以降に領収証を持参のうえ、
  払戻の申請をしてください。

 

●払戻の申請方法

 下記のものをご持参の上、こども政策課家庭係(市役所24番窓口)で申請してください。

 

【申請に必要なもの】

 ・支給申請書(ダウンロード)※こども政策課窓口にもございます。
 ・印鑑
 ・健康保険証
 ・こども医療証
 ・領収書(患者名・支払金額・保険点数が記入されているもの)
 ・口座番号(ゆうちょ銀行以外の金融機関)

  ※払戻の申請は郵送でも受け付けております。ダウンロードした支給申請書に必要事項を記入後、

    領収書とともにこども政策課までお送りください。

 

【高額療養費に該当する場合や、コルセット等治療用装具の申請をする場合】

 こども医療費助成の申請をするまでに、先にご加入の健康保険へ高額療養費の申請してください。
 健康保険へ申請の際に発行されます支給決定通知書を添えてこども医療費助成の申請をしてください。
 また、コルセット等治療用装具(上限があります)の申請には、支給決定通知書の他、
 医師の意見書(装具着用証明書)も必要です。
 

中学生の入院医療費助成(中学生は平成25年8月診療分から)

 ●対象者

 柏原市内に住所があり、各種健康保険に加入している中学生の児童。
 ただし、次に該当する方は対象外となります。

 ・生活保護を受給中の方
 ・児童福祉法に基づく措置による医療費の支給を受けている方
 ・障害者医療福祉助成制度による医療費の支給を受けている方
 ・ひとり親家庭医療費助成制度による医療費の支給を受けている方

 

●助成の範囲

 入院にかかる医療費(保険適用分)の自己負担分から一部自己負担金を
 控除した額 及び入院時食事療養費
 (注)一部自己負担金…1医療機関あたり1日500円、月2回(最大1,000円)までの自己負担が必要です。
 (注)健康保険から高額療養費等の支給を受けることができる場合は、加入保険からの給付後に申請
    していただくこととになります。

 

●申請の方法

 診療月の翌月以降に、下記のものをご持参の上、こども政策課家庭係(市役所24番窓口)に

 申請していただくことで助成(払戻)を受けることができます。(尚、医療証の交付はありません。)

【申請に必要なもの】

 ・領収書(患者名・支払金額・保険点数が記入されているもの)
 ・健康保険証
 ・印鑑
 ・銀行口座(ゆうちょ銀行以外の金融機関)
 (※注)高額療養費に該当した場合は加入保険からの支給決定通知書が必要です。

お問い合わせ

こども政策課
家庭係
電話:072-972-1563
ファクシミリ:072-973-3782