文化・スポーツ

記事一覧

  • 【コラム】龍田古道(7)孝謙天皇の行幸

     聖武天皇のあと、娘の阿倍内親王が孝謙天皇として即位しました。孝謙天皇として龍田道を初めて利用したのは、天平勝宝元年(749)10月の智識寺行幸のときでし...
    2020年5月23日 文化財課
  • 【コラム】龍田古道(6)聖武天皇の行幸

     神亀2年(725)10月に、聖武天皇は難波宮に行幸しました。この際に龍田道を利用し、竹原井頓宮を利用したと考えられますが、記録には残っていません。  翌...
    2020年5月16日 文化財課
  • 【コラム】龍田古道(5)河内大橋と駅家

     『万葉集』巻9―1742・1743に、高橋虫麻呂の「河内大橋を独り行く娘子を見る歌」があります。「しなでる 片足羽川の さ丹塗りの 大橋の上ゆ(後略)」...
    2020年5月8日 文化財課
  • 【コラム】龍田古道(4)竹原井離宮と河内国分寺

     平城宮と難波宮の中間地点にあった竹原井離宮は、『続日本紀』に頓宮、離宮、行宮と記されています。『続日本紀』では頓宮・行宮と離宮・宮は明確に区別されていま...
    2020年5月2日 文化財課
  • 【コラム】龍田古道(3)奈良時代の龍田古道

     710年に藤原京から奈良盆地北部の平城京に遷都されると、再び龍田道が脚光を浴びることになりました。奈良時代には、天皇がたびたび難波宮に行幸するようになり...
    2020年4月24日 文化財課
  • 【コラム】龍田古道(2)飛鳥時代の龍田古道

     『日本書紀』神武即位前紀には、龍田道が狭く険しく人が並んで歩くことができない、とあります。山が迫る川沿いの道なので、十分な道幅を確保できなかったのでしょ...
    2020年4月18日 文化財課
  • 【コラム】龍田古道(1)龍田古道とは?

     奈良盆地の水を集めた大和川は、生駒山地と金剛山地のあいだを抜け、大阪平野へと流れ出します。この大和川に沿った山越えの道を「龍田道」あるいは「龍田越」とい...
    2020年4月10日 文化財課
  • 「2020 柏原シティキャンパスマラソン」結果

      種目 1位 2位 3位 4位 5位 6位 10km一般女...
    2020年2月18日 スポーツ推進課
  • 第20回大阪府障がい者スポーツ大会

    第20回大阪府障がい者スポーツ大会 大阪府内(大阪市、堺市を除く)にお住まいの方、もしくは施設や学校等に入所・通所・通学されている方で、13歳以上(令和2...
    2020年2月18日 障害福祉課
  • 東京2020オリンピック聖火リレーのサポートランナーを募集します

     東京2020オリンピック聖火リレーは、2020年3月26日に福島県をスタートし、日本全国858市区町村で実施され、柏原市では4月15日(水)に実施されま...
    2019年12月24日 スポーツ推進課